\ Amazon お得なタイムセール開催中 /

【比較】29WQ600-W、29WN600-Wの違いはなに?

LGのウルトラワイドディスプレイの「29WQ600-W」「29WN600-W」は、型番も見た目も似ています。

よく見てみると結構違う部分があるので、この記事ではそれぞれの違いと、どちらがおすすめなのかまとめてみました!

目次

【LG】「29WQ600-W」「29WN600-W」を比較

スクロールできます
29WQ600-W29WN600-W
外観
画面サイズ29インチ29インチ
パネルIPSIPS
表面処理ノングレアノングレア
解像度2560×10802560×1080
輝度250 cd/m2250 cd/m2
280 cd/m2(ピーク時)
コントラスト比1000:11000:1
最大表示色約1,677万色約1,677万色
視野角178° / 178°178° / 178°
HDR10 HDR映像信号規格
リフレッシュレート最大100Hz最大75Hz
応答速度5ms(GtoG)5ms(GtoG)
色域sRGB:99%sRGB:99%
FreeSync
フリッカーセーフ
映像入力端子HDMIx1
USB Type-Cx1
DisplayPort1.4×1
HDMIx2
DisplayPort1.4×1
ヘッドフォン出力
HDCP2.22.2
スピーカー7Wx27Wx2
左右角度調整
ピボット機能(回転)
スタンド高さ調整
チルト機能-5° ~ 15°-5° ~ 15°
VESAマウント
付属品電源コード
HDMIケーブル
電源コード
HDMIケーブル
参考価格29,000円くらい26,000円くらい
リンクAmazonAmazon

29WQ600-W」「29WN600-W」の比較表を作りました。

比較して、有利な部分を赤文字にしています。

【違い1】ピーク時の輝度

29WQ600-W29WN600-W
輝度250 cd/m2250 cd/m2
280 cd/m2(ピーク時)

画面のバックライトの明るさに少し差があります。

標準の輝度はどちらも「250cd/m2」で同じですが、29WN600-Wはピーク輝度が「280 cd/m2」

編集長

HDRなど一部の場面でより明るく表示することができます。

【違い2】リフレッシュレート

29WQ600-W29WN600-W
リフレッシュレート最大100Hz最大75Hz

リフレッシュレートにも差があります。

リフレッシュレートとは、1秒間の間に切り替わる画像のコマのことで、この数値が高いほど、滑らかに動く表示が可能です。

29WQ600-Wのほうが「最大100Hz」と高いので、対応するゲームなどではより滑らかになります。

【違い3】接続端子

29WQ600-W29WN600-W
映像入力端子HDMIx1
USB Type-Cx1
DisplayPort1.4×1
HDMIx2
DisplayPort1.4×1

接続端子ですが、29WQ600-Wは「USB-C」での入力に対応しています。

29WN600-Wには、USB-C端子はありませんが、代わりにHDMI端子が2つ搭載されています。

まとめ

「29WQ600-W」がおすすめの方
「29WN600-W」がおすすめの方
  • USB-C接続
  • リフレッシュレートが高いほうがいい
  • ゲーム機、レコーダーなどの接続でHDMI端子が2つほしい
  • ピーク時の輝度が少しでも明るほうがいい

29WQ600-W」「29WN600-W」と比較してみましたが、それぞれ一長一短があり、自分の用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

最も異なるのが端子です。

編集長

リフレッシュレートを重視しない場合は、USB-C端子が必要なのか、HDMI端子が2つ欲しいのかで判断するといいと思います!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次