【速報】iPad専門メディア「 iPadBoy」始めました!

【PS5/Xbox】4K120Hz対応テレビまとめ【2021最新】

PlayStation5/Xbox Series Xは「4K120Hz」出力に対応

最新のゲーム機「PlayStation5」「Xbox Series X」では、高解像度の4K出力でさらに120Hzの滑らかな映像の出力に対応しました!

しかし4K120Hz出力は、対応したテレビ・ディスプレイじゃないと利用できません。

そこで今回は4K120Hzに対応したテレビをまとめてみたので紹介します!

4K120Hzとはなに?

4K120Hzとは「解像度が4K」「リフレッシュレートが120Hz」の2つを合わせた意味。

解像度とはディスプレイの粒の細かさのことで、解像度の数値が大きいほど、きめ細かく精細が映像になります。そして4K解像度は、横のドット数が約4000個あることから4Kと呼ばれていて、非常に精細な美しい映像です。

続いてリフレッシュレートとは、1秒間に書き換わるコマのことで、60Hzであれば1秒間に60コマ、120Hzであれば1秒間に120コマ書き換わるという意味になります。そのため60Hzよりも120Hzのほうが2倍滑らかに動く映像になります。

4K120Hz表示のメリット・デメリット

  • 対応したゲームでぬるぬる滑らかに動く
  • 全てのソフトで120Hzで動作するわけではない
  • 対応したテレビの種類が少ない

メリットは120Hzなので、かなり滑らかな動きの映像ができることです。

このスローモーションで比較している映像を見ていただけるとわかやすく、60Hzではカクカクな表示なのに対し、120Hzでは滑らかに動いていますよね。

ただし全てのソフトで120Hzで動作するわけではないのと、対応したテレビが少ないのが欠点です。

【注意】2021年1月時点では、ほぼLGのテレビしか選択肢がない

4K120Hzの特徴を紹介してきましたが、残念ながら2021年1月時点では、ほぼLGのテレビしか選択肢がありません。

一応、SONYの「Z9H」というテレビが4K120Hzに対応してますが、150万円以上するので現実的ではありません…

LGのテレビなら、10万円台で購入できる4K120Hzに対応したテレビもあるので、今4K120Hzに対応したテレビをご希望の方はLGのテレビをおすすめします。というかLGのテレビしかありません…(汗)

4K/120Hz対応「有機ELディスプレイテレビ」一覧

スペック表

OLEDWXOLEDGXOLEDCXOLEDBX
解像度 4K 4K 4K 4K
HDMI2.1(VRR/ALLM/eARC)
※VRRは非対応
HDMI2.1入力対応ポート 入力1〜4 入力1〜4 入力1〜4 入力3・4
HFR(4K/120Hz)
NVIDIA G-SYNC
AMD FreeSync
HGiG
映像エンジン α9 Gen3 α9 Gen3 α9 Gen3 α7 Gen3
地上デジタルチューナー数 3 3 3 2
BS・110度CSデジタル数 3 3 3 2
BS 4K・110度CS 4Kチューナー数 2 2 2 1

画面サイズ一覧

OLEDWXOLEDGXOLEDCXOLEDBX
77インチ
65インチ
55インチ
48インチ
MEMO
8Kテレビを除いた2020年モデルのみをまとめています

まずは4K有機ELテレビ!8Kテレビを除いた4Kテレビは4つのモデルがあります。

「OLEDWX」だけはVRR(可変リフレッシュレート)などに対応していないので、ゲーム向けとして考えているのなら他の3つのモデルから選んだほうが無難です。

「OLEDBX」は入力ポートが4つあるものの、3と4の2つのポートのみ「HDMI2.1」に対応となるのと、映像エンジンが少し劣るものになります。

4K/120Hz対応「液晶テレビ」一覧

スペック表

NANO91 NANO86
解像度 4K 4K
HDMI2.1(VRR/ALLM/eARC)
HDMI2.1入力対応ポート 入力3・4 入力3・4
HFR(4K/120Hz)
NVIDIA G-SYNC
AMD FreeSync
HGiG
エンジン α7 Gen3 α7 Gen3
地上デジタルチューナー数 2 2
BS・110度CSデジタル数 2 2
BS 4K・110度CS 4Kチューナー数 1 1

画面サイズ一覧

NANO91 NANO86
86インチ
75インチ
65インチ
55インチ
49インチ
MEMO
8Kテレビを除いた2020年モデルのみをまとめています

続いて液晶ディスプレイのテレビ。2020年モデルでは2種類のみとなりますが、「NANO86」は49インチのみとなるので、それ以上のサイズは「NANO91」になります。

液晶テレビの場合は、どちらも映像エンジンは低いものが採用されているのと、HDMI2.1も3と4の2ポートのみとなります。

ゲーミング推奨モデル「OLED CX」シリーズがおすすめ

  • LGがゲーミング推奨モデルとして販売
  • 77、65、55、48インチと4サイズの豊富なラインナップ
  • 上位映像エンジン「α9 Gen3 AI Processor 4K」を搭載し、美しい映像を実現
  • HDMI2.1のVRR/ALLM/eARCすべてに対応
  • 入力ポート4ポート全てがHDMI2.1対応

LGの中でも多数のモデルがあって、どれがいいのかわかりにくいのですが、迷ったらLGがゲーミング推奨モデルとして販売している「OLED CX」シリーズがおすすめです。

HDMI2.1のVRR/ALLM/eARCすべてに対応し、画面サイズのバリエーションが豊富。また映像エンジンも上位の「α9」と、申し分ない性能のモデルだと思います!