【必見】AmazonでApple製品をお得に購入する方法 >>

【検証】ジョギングで最も使いやすいAirPodsはどれ?【Pro/第3世代】

Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」

ケーブルがないので、引っかかったり、絡んだりすることがなく、これまでの煩わしさから解放されます。

そしてこのAirpodsは、ジョギングなどの運動のシーンでも大活躍。

今回は、ジョギングで最も使いやすいAirPodsを実際に比較検証したいと思います!

目次

3つのAirPodsをジョギングで比較検証

3つのAirPodsを使って、3分おきに交換しながら何度も検証。

車が少ない比較的騒音の少ない場所で走りました。

①音楽の聴きやすさ

AirPods ProAirPods (第3世代)AirPods (第2世代)
★★☆★★☆★★☆

「AirPods Pro」は、耳が密閉されて、さらにノイズキャンセリング機能も使えるので、騒音が大きい場所では効果を発揮します。(※)

ただし耳が密閉されるのが原因なのか、走行中の足が地面に着地するときの「ドンドン」という感じの振動音が耳にダイレクトに入ってきて、これがちょっと不快に感じるかもしれません。

一方、AirPods (第2世代)とAirPods (第3世代)は、どちらも密閉されないオープンイヤー型。

振動音もほとんど入ってきませんし、走りながらでも自然に聴けます。ただし外の音も隙間から入ってくるので、騒音の多い場所では聞きとりにくいです。

ノイズキャンセリング機能は、周りの音も聴こえなくなる為、後ろからの自転車や自動車に気付きにくくなり、ジョギングでは危険です。屋内やランニングマシンなど安全な場所で使用するようにしましょう。

②周りの音の聞きやすさ

AirPods ProAirPods (第3世代)AirPods (第2世代)
★★★★★☆★★☆

周りの音の聴きやすさは、どのモデルでもそこそこ聴こえました。

「AirPods Pro」は耳が密閉されてしまいますが、「外部音取り込みモード」といって、AirPodsのマイクから拾った音をそのまま流してくれる機能があるので、この機能を使えば普通に聞き取れます。

「外部音取り込みモード」は擬似的な音なので、人によっては聞きにくく感じるかもしれません。

③走りやすさ・違和感の少なさ

AirPods ProAirPods (第3世代)AirPods (第2世代)
★☆☆★★★★★★

人によるかもしれませんが、僕は「AirPods Pro」の耳が密閉されて閉塞感を感じながら走ることに、ちょっと違和感があり、あまり走りやすいとは言えませんでした。

またカナル型は、しっかり耳の穴にしっかり密着していないといい音が聞こえません。走行中の振動でずれてきて何度も指で押して直すシーンがあり、これも結構ストレス…

密閉されないAirPods (第2世代)とAirPods (第3世代)は、走っているときの違和感もストレスもほとんどなく快適。

ただし人によって耳のフィッティングが悪く、落下しやすい場合もあるようです。僕の耳にはしっかりフィットして外れることもありませんでした。

④操作のしやすさ

AirPods ProAirPods (第3世代)AirPods (第2世代)
★★★★★★★☆☆

「AirPods Pro」と「AirPods (第3世代)」には、「感圧センサー」があり、下に伸びた棒の部分をつまんで、少し力を入れると、カチッと反応があり、押した回数により、スキップや一時停止ができます。

「AirPods (第2世代)」の場合は、感圧センサーではなく、棒の部分を「ポン、ポン」と軽く指でタッチすることで操作できるのですが、走りながらだと、少し反応が悪くて、反応するまで何度も操作することも…

「感圧センサー」のモデルなら、指でつまべば、ほぼ必ず反応してくれるので、操作のしやすさはこっちですね。

⑤雨・汗での使用

AirPods ProAirPods (第3世代)AirPods (第2世代)
×

ジョギングは汗をかいたり、雨で濡れる恐れがありますよね。

「AirPods Pro」と「AirPods (第3世代)」には、「耐汗耐水性能」があるので、汗や雨で多少濡れてしまっても平気。

ただし「AirPods (第2世代)」には耐汗耐水性能がありません。ジョギングでガンガン使っていきたい方は耐汗耐水性能のあるモデルを選んだほうが安心です。

管理人が最もジョギングで使いやすいと思ったのは「AirPods (第3世代)」

  • 騒音が大きい場所でなければ聴きやすい
  • 音量を上げすぎなければ、外の音もそこそこ聞こえて安心して走れる
  • カナル型で気になった振動音がない
  • 耐汗耐水性能があり、汗や雨で多少濡れてもOK

結果として、僕が最もジョギングで使いやすいと思ったのは「AirPods (第3世代)」でした!

やはりオープンイヤー型のほうが、耳が密閉されず快適。

またAirPods (第3世代)は、耐汗耐水性能もあって、汗と雨で濡れるリスクのあるジョギングでも安心して使えます。

あくまで僕個人の感想になります。カナル型が平気な方はAirPods Proのほうが使いやすく感じるかもしれませんし、AirPods (第2世代)とAirPods (第3世代)が耳の形状にフィットしない可能性もあります。あくまで参考としていただけたら幸いです。

あわせて読みたい
【レビュー】「AirPods(第3世代)」Pro持ちだけど自宅では断然こっち! Proではない素のAirPodsの新型「AirPods(第3世代)」が登場しました。 僕は現在「AirPods Pro」を使っていますが、カナル型の閉塞感がやや苦手で、オープンエアー型の新...
SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる