【2020年】iPadの選び方完全ガイド

【レビュー】「AirPods Pro用 CASE STUDI ULTRA SLIM Case」デザインが崩れず、ポートカバーも搭載!

普通のAirPodsのときもそうでしたが、AirPods/AirPods Proの充電ケースって、ツルツルして落としやすく、傷も付きやすいんですよね…

ウサノ
ウサノ

見た目はまるで固形石鹸…(笑)

対策としては充電ケースの上に、iPhoneのようなケースを装着することで、手からの落下防止&傷防止が期待できます。

今回はAirPods Pro本体の購入と同時にシリコン製のケースを買ってみたのでレビューします!

「AirPods Pro用 CASE STUDI ULTRA SLIM Case」レビュー

AirPods Pro用 CASE STUDI ULTRA SLIM Case

「ODOROKI オドロキ CASE STUDI ケーススタディ CS-APP-ULS-WH AirPods Pro ULTRA SLIM Case ホワイト」という名前でも販売されているケースです。

ネイビーなどのホワイト以外のカラーバリエーションもありましたが、僕はAirPods Proのデザインを崩したくなかったので、同じホワイトカラーを選びました。

価格は2000円くらいで、ヨドバシカメラで購入。

外観

AirPods Pro用 CASE STUDI ULTRA SLIM Case

シリコン製のケースで、柔らかいゴムでできています。

充電ケースは開閉するので、上と下部分に分かれています。

AirPods Pro用 CASE STUDI ULTRA SLIM Case

触ってみると、とても薄く柔らかいです。

AirPods Proに装着

AirPods Pro用 CASE STUDI ULTRA SLIM Case

装着はとても簡単で、上側と下側被せるだけ。

AirPods Proに装着完了

AirPods Pro用 CASE STUDI ULTRA SLIM Case

装着完了!

ホワイトカラーを選んだので、ケースを装着していてもAirPods Proのデザインは損ないませんね!

中央よりやや少しの部分にケースのメーカーのロゴ?はあります。

AirPods Pro用 CASE STUDI ULTRA SLIM Case

こちらは裏面。

ヒンジの部分は、蓋を開閉できるように、覆わないようになっています。

この部分は、他のメーカーのケースを見ても、同様に空いていました。

ボタン部分は窪んでいる

AirPods Pro用 CASE STUDI ULTRA SLIM Case

ペアリングボタンの部分は、わかりやすい&押しやすいように少し窪んでいます。

ウサノ
ウサノ

ケースによってはこういう工夫がないケースもあって、ボタンが分かりにくいんですよね…

蓋の開閉は問題なし

AirPods Pro用 CASE STUDI ULTRA SLIM Case

ヒンジの部分までは覆われていないので

蓋の開閉も問題なし!

LEDランプも確認できる

AirPods Pro用 CASE STUDI ULTRA SLIM Case

AirPods 第2世代のワイヤレス充電ケースから、LEDランプが充電ケースの前面に移動してきますが、カバー被せてもLEDランプの光は確認できます。

ほんの少し光が弱くなりますが、まったく問題なし!

Lightningポートはカバー付き

AirPods Pro用 CASE STUDI ULTRA SLIM Case

下側にはLightningポートがあり、有線で充電できますが、このカバー自体にLightningポートがあります。

被せておけば、埃やゴミの侵入防止効果が期待できます。

AirPods Pro用 CASE STUDI ULTRA SLIM Case

使う時は、めくればポートが顔を出すので、Lightningケーブルを挿して充電できます。

ポートの部分はカバーにくっついているので、充電中になくす心配がないのもポイント!

底面が平らで立てられる

AirPods Pro用 CASE STUDI ULTRA SLIM Case

ポートカバーのところの写真を見るとわかりますが、カバーの下側が平らになっているんです。

これにより、普通は寝かせるように置くしかなかったAirPods Proが、机*の上などに立たせることもできます!*

ウサノ
ウサノ

棚の上などに飾るように置きたいときにいいですね!

まとめ

AirPods Pro用 CASE STUDI ULTRA SLIM Case
  • AirPods Proのデザインを損なわない
  • LEDランプはしっかり確認できる
  • Lightningポートカバー付きで埃の侵入を防ぐ
  • 底部が平らで立てられる
  • シリコンに埃が付きやすい

滑りやすくて石鹸のようなAirPods Proの充電ケースですが、シリコンケースで見事に対策することができました。

とくにAirPods Proは約3万円とイヤホンにしては非常に高価なので、ケースの装着は絶対おすすめです。

このケースはAirPods Proのデザインを損ないにくく、Lightningポートカバーがあったり、底部が平らで立てることもできて、かなりお気に入り!

Apple製品お得に購入