【必見】Amazonで超お得に購入する方法!

【レビュー】「AirTag」iPadでも使えるか試してみた

Appleの忘れ物防止タグ「AirTag」が発売されたので、気になって買ってみました!

少し前に車の鍵を落としたことがあり、幸い、すぐ見つかったからよかったのですが、あのときは変な汗が出ました…

このAirTagを車の鍵につけていれば、万が一、落としてしまったり、どこかに置き忘れてしまっても、「探す」アプリで落とした場所がわかります。

ウサノケンタ

物を失くしやすい方に夢のようなアイテムですね!

「AirTag」ってなに?何ができるの?

  • 鍵やバッグにつけると、iPhoneを使って場所がわかる
  • iPhoneの操作で音を鳴らせて、隠れた場所でも見つけやすい

AirTagは、忘れ物防止タグといって、iPhoneなどを使って位置情報を見ることができるアイテムです。

鍵やバッグ、財布などに取り付けることで、もしなくしてしまっても、位置情報をもとに見つけだせる可能性が上がります。

AirTag 簡単レビュー

AirTagは1個のみか、4個セットでの販売。

4個セットで購入したほうが少しお得に購入できます。

僕は試しに使ってみたかったので、とりあえずは1つだけ購入してみました。

デザインはさすがのApple。

洋服の大きめのボタンのような見た目です。

五百円玉を少し大きくしたようなサイズですが、厚さは結構あります。

財布に入れてもいいなと思ったのですが、僕のは薄いキャッシュレス財布なので、AirTagを入れると、もこっと出っ張ってしまうので諦めました…

「AirTagレザーキーリング」も一緒に買ってみた

鍵につけたかったので、Apple公式で一緒に販売されている「AirTagレザーキーリング」も買ってみました。

価格は4500円と、AirTag1個の値段よりも高いのですが、デザインに一目惚れして購入。

買ったのは「バルティックブルー」という紺に近い色です。

装着方法は簡単で、ボタンを開いてAirTag本体を入れて閉じるだけ。

結構しっかりと閉まるので、勝手に外れたりなんてことはなさそうです。

ジャストサイズでフィット感もいいですし、高級感もあって気に入っています。

ウサノケンタ

価格を抑えたい方や、複数個用意したい方は千円台で購入できるサードパーティ製がおすすめです!

もちろんiPadでも利用可能

iPadマニアとして気になったのは、iPadでも使えるかどうかということ。

初期設定からiPadで試してみましたが、iPadからでも問題なく設定できましたし、地図上でのAirTagの位置も見られました。

ただしWi-Fi + CellularモデルのiPadでないと、外では役に立たない可能性があります。

対応したiPhoneだと、より詳しい場所が調べられる

対応したiPhoneを使うと、近くにいるときに限り、AirTagまでの距離と方向を表示してくれて、より見つけやすくなる「正確な場所を見つける」という機能が利用できます。

例えば、ソファの隙間に挟まって見つけられないときとかに便利な機能ですね。

実際に使ってみましたが、結構正確にAirTagの位置まで誘導してくれるので、実用性は十分にありそうです!

MEMO
2021年5月時点で「正確な場所を見つける」に対応しているのは、iPhone 11シリーズとiPhone 12シリーズです。

まとめ

実際に失くしてみないとちゃんとしたレビューが書きにくいのですが、色々試した限りでは、見つけられる可能性は高いと思いました。

またiPadでも問題なく使用はできましたが、距離や方向を教えてくれる「正確な場所を見つける」という機能はiPhoneのみにしか対応してないので、使い勝手はiPhoneには劣ります。

またAirTagは、他の方のiPhoneとすれ違ってもAirTagの位置が更新される仕組みのため、iPhoneユーザーの多い日本では結構期待できるのではないでしょうか。