【2020】iPhoneの選び方完全ガイド

【2020】Apple CarPlay対応カーナビ/AVメインユニットまとめ

「CarPlay」とは


CarPlayとはiPhoneの一部の機能を車載ディスプレイで直接操作できる機能です。

CarPlayに対応したAVユニットやナビにiPhoneを接続すると、車載ディスプレイに専用のUIが表示され、「電話」「メッージ」「マップ」「ミュージック」などが車で利用できます。

「マップ」を使えば、カーナビの機能を持たないAVユニットのようなものでも、 iPhoneと連動してナビが使えるようになります。

そして今回は「CarPlay」に対応したAVユニット、カーナビをまとめてみたので紹介します!

CarPlay対応AVユニット

①Pioneer「FH-8500DVS」

  • 6.78V型ワイドVGAモニター
  • Apple CarPlay/Android Auto対応
  • DVD/CD対応
  • Bluetooth内蔵
  • USB入力
  • FM/AMチューナー
  • バックカメラ入力
  • ハイレゾ音源対応
  • ドライブレコーダーユニット「VREC-DS600」を接続可能

Pioneerから販売されているAVユニット「FH-8500DVS」です。

カーナビそっくりな見た目ですが、このユニットはAVユニットのため、ナビ機能はありません。

ところが「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応しているので、iPhoneまたはAndroidスマートフォンを接続することで、カーナビとして利用することができます。

しかも価格は3〜4万円ほどで購入できるので、カーナビを買うよりも大幅に安く抑えられます。

ウサノケンタ
Apple CarPlay対応品が3万円代で買えるのは凄い!

②Pioneer「FH-9400DVS」

  • 7V型ワイドVGAモニター
  • Apple CarPlay/Android Auto対応
  • DVD/CD対応
  • Bluetooth内蔵
  • USB入力
  • FM/AMチューナー
  • バックカメラ入力
  • ハイレゾ音源対応
  • ドライブレコーダーユニット「VREC-DS600」を接続可能

上で紹介した「FH-8500DVS」の兄弟機の「FH-9400DVS」です。

型番だけみると「FH-9400DVS」のほうが新そうに見えますが、実際には「FH-8500DVS」のほうが新しいモデルです。

ところが機能はほとんど同じで、ディスプレイサイズの僅かな違いと、ボタンの位置が下側か左側かの違いだけのようです。

ウサノケンタ
少しでもディスプレイが大きいのがいいという方はこちらがおすすめです!

CarPlay対応カーナビ

現在CarPlay対応のカーナビはほとんど種類がありません。クラリオンのカーナビ「NXV987D」がCarPlay/Android Autoに対応していますが9インチのサイズのため、搭載できる車種が限られます。

まとめ

  • Apple CarPlay対応のAVユニットで安くカーナビを利用できる
  • CarPlay対応カーナビは現在対応機種がほとんどない

以上、Apple CarPlay対応のAVユニット、カーナビまとめでした!

AVユニットなら3〜4万円ほどで購入できるので、カーナビを買うよりも安く抑えられます。

さらにCarPlayは、Apple純正のナビだけでなく、Googleマップも利用できるようになったので、利便性もどんどん上がっています。

ウサノケンタ
カーナビを買うより圧倒的に安く済みますよ!
Appleお得に購入