【2020年】iPadの選び方完全ガイド

Apple Payはカードを何枚まで登録できる?

iPhoneや、Apple Watchでキャッシュレス決済ができる「Apple Pay」ですが、複数のクレジットカードを登録できたりと、すごく便利に使うことができます。

そしてApple Payをしばらく使ってみて気になったことが、

ウサノ
ウサノ

Appleには何枚までカードを登録できるんだろう?

そこで、Apple Payには何枚までカードを登録できるのか調べてみました!

最大12枚まで登録できる(一部機種は8枚まで)

何枚まで登録できるのか、Apple公式サイトに書かれていました。

iPhone 8、iPhone X以降の機種 最大12枚
Apple Watch Series 3以降の機種 最大12枚
上記以前の機種 最大8枚

iPhone 8、iPhone X、Apple Watch Series 3 以降の機種は最大12枚まで登録でき、それ以前の機種では最大8まで登録することができます。

ウサノ
ウサノ

最大12枚ってすごい…!

そこまで多く登録する方はなかなかいないと思いますが、事業などで使う方には便利ですね!

【注意】Suicaなどのカードも含めて12枚まで

一つ気をつけなければいけないのが、最大登録枚数にはクレジットカードだけでなく、Suicaなどのカードの枚数も含むことです。

ただ12枚まで登録できるので、他のカードを含めたところでそこまで問題になることはないと思いますが、カードをたくさん登録される方は、頭の片隅に入れておいたほうがいいでしょう。

まとめ

  • iPhone 8以降の機種は12枚まで
  • iPhone 7以前の機種は8枚まで
  • 枚数にはSuicaなどのカードも含む

5枚くらいまでかな?と勝手に思っていたのですが、まさかの12枚も登録できることに驚きました。

12枚も登録できれば、そこまで困ることはないと思いますが、事業などで使う方は枚数が多いほうが便利ですよね!

Apple製品お得に購入