【2020年】iPadの選び方完全ガイド

【Apple Watch】アルミニウムケースは傷が付きやすい?1年使った結果…

「Apple Watch Series 5」を買ってから1年経ちました。

今回は、他の素材のケースよりも傷がつきやすいという「アルミニウムケース」を使いましたが、1年間でどのくらい傷が付いたのかどうかを記事にしてみます!

一年間ほぼ毎日使った「Apple Watch Series 5 アルミニウムケース」

ぱっと見キレイそうに見えます。サイズ40mmの色はスペースグレイです。

ウサノ
ウサノ

それではよーく見ていきましょう…!

ディスプレイの傷が多い

さっそく光に当ててよく見てみると…

ウサノ
ウサノ

ガーン!ディスプレイに細かな傷が多い…

壁や机などにガンガンぶつけてしまっていたので、主にそのときに付いた傷っぽいですね。

ディスプレイ表示部分には幸い傷が少ないので、使用には影響ないですが、これがディスプレイの、ど真ん中にあったら、ちょっと気になるかもしれませんね…

アルミニウムのボディ自体には、2カ所ほど傷がありました。

ステンレススチールケースでは全く傷がつかなかった

Series 4 ステンレススチール スペースブラック

ちなみに、同じく1年間使ったSeries 4のステンレススチールモデルでは、無傷と言ってもいいくらい傷が付きませんでした。

こちらも結構ぶつけてしまっていましたが、金属のボディ部分、ディスプレイのガラス共に、まったくと言っていいほど傷がありません!

スペースブラックは金属の表面に塗装されているため細かな傷もつきにくいですが、シルバーのステンレススチールの場合は細かな傷はつきやすいようです。ただし金属磨きで消える程度の傷のようです。

やはり「Ion-Xガラスのディスプレイ」は傷が付きやすい?

ケースガラス
アルミニウムIon-Xガラス
ステンレススチール
チタニウム
サファイアクリスタルガラス

Apple Watchは、モデルによって、金属の素材だけでなく、ディスプレイのガラスの素材も異なります。

アルミニウムモデルでは「Ion-Xガラス」ステンレススチール、チタニウムモデルでは「サファイアクリスタル」というガラスを採用。

この二つのガラスは強度が大きく違い、「サファイアガラス」のほうが傷に強く、高級時計でも採用されている強度の高いガラスです。

ちなみに金属の強度も、「アルミニウム」よりも「ステンレススチール」や「チタニウム」のほうが強いので、ボディ、ガラス共にこちらのモデルの方が頑丈です。

どのくらい傷がつきやすいかの検証動画

Ion-Xガラスで実際にカッターやヤスリを使って検証くださってるYouTubeの動画があるので、こちらをご覧ください。

カッターでは傷はついていませんが、ヤスリでゴリゴリ削ると、結構派手に傷だらけになっています…!

ウサノ
ウサノ

普段の使用でヤスリにぶつけるといったことはないと思いますが、ヤスリみたいなコンクリートなどにぶつけると、傷が付く可能性は高そうですね…

まとめ

  • やはりアルミニウムモデルは傷つきやすい
  • 傷が心配な方は、傷に強いステンレススチール、チタニウムモデルがおすすめ

「ステンレススチール」「アルミニウム」どちらも1年使いましたが、傷の付き具合に大きな差が出ることがわかりました。

アルミニウムのボディ自体は2カ所ほどの傷で済みましたが、ガラスの傷が結構ありました…

傷が心配な方は「アルミニウム」は選ばない方がいいかもしれしれませんね…

ウサノ
ウサノ

ケースやフィルムを貼って対策するのもありですね!

AmazonでApple Watchをチェック
Apple製品お得に購入