\ Amazonお得なタイムセール開催中 /

【完全版】車でAudibleを聴く方法まとめ!運転しながら本が読める!?

目次

「車」と「Audible」は愛用抜群!運転しながら読書でインプットできるサービス

Amazonの、読書を朗読して聴かせてくれるサービス「Audible

最近Audibleは刷新され、月額費1500円で12万以上の対象作品が聴き放題になりました!

「読書をしたいけど、なかなか読む時間がない」という方も多いですが、Audibleを使えば、本を音声で読み聴かせてくれるので、本を手に持って読む必要は一切ありません。

そのため通勤や、家事、ジョギングなど、何かをしながらでも同時に読書をすることができる夢のようなサービスなんです。

そしてこの「Audible」は、車との愛称も抜群。これまでのラジオや音楽の代わりに、Audibleに置き換えると、いつもの通勤や移動で運転しながらでもインプットできてしまいます。

編集長
そこで今回は、車でAudibleを聴く方法、必要な道具をまとめみました!

Audibleの方に集中してしまって運転が危ないと感じた場合は、危険なので運転以外の時に使いましょう。

Audible無料体験はこちら >>

【おすすめ方法①】カーナビ/カーオーディオのBluetooth経由で再生

Bluetoothに対応したカーナビ・カーオーディオなら、Bluetoothでスマートフォンと接続するのがおすすめです。

ワイヤレスで接続できるので、毎回スマートフォンにケーブルを繋ぐ必要もありません。

【おすすめ方法②】カーナビ/カーオーディオにAUXケーブルで接続して再生

イヤフォンジャックなどのオーディオの入力端子があれば、そこにオーディオケーブルでスマートフォンに接続すると、車のスピーカーから音声を流せます。

【おすすめ方法③】「FMトランスミッター」を使ってラジオ経由で再生

Bluetoothやオーディオの入力端子がない場合でも、FMラジオさえ聴ける環境があれば、「FMトランスミッター」もおすすめです。

「FMトランスミッター」とは、スマートフォンやポータブルオーディオプレーヤーと接続して、それらの音源をFMラジオの電波に乗せて、ラジオから聴くことができるできるアイテム。

古い車でもラジオがついていることが多いので、どんな車でも試しやすいのがFMトランスミッターを使った方法です。

最近のFMトランスミッターは、Bluetoothが搭載されたものもあり、スマートフォンには何も繋がずにワイヤレスで使うことができます。

FMラジオの電波経由になるので、音質が落ちたり、ノイズがのったりすることがあります。

【オーディオがない場合】スマートフォンのスピーカーを大音量にして再生

オーディオがない場合や、なるべくお金をかけたくない場合は、スマートフォン自体のスピーカーを大音量にして再生しましょう。

高速道路など、騒音が大きい場合は、音声が聞き取りづらく感じることもあるかもしれませんが、設定や機器もいらないのでお手軽です。

まとめ

  • Bluetooth経由での再生
  • ライン入力経由での再生
  • FMトランスミッターを使用してFMラジオ経由で再生
  • スマートフォンのスピーカーを大音量にして再生

以上、Audibleを車で聴く方法でした!

BluetoothやFMトランスミッターを使えば、車のスピーカーから流すことができます。

FMトランスミッターなら、古い車や社用車などラジオしか備わっていない車でも使えるのでおすすめです。

Audibleは30日間の無料体験ができる!途中解約もOK

Audibleは、30日間無料体験することができます。

もし気に入らなかった場合でも、無料体験期間中に解約してしまえば、一切お金はかかりません。

無料体験中でも12万以上の対象作品が聴き放題なので、読みたかった本でお試ししてみてはいかがでしょうか?

Audible無料体験はこちら >>
SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次