【必見】Amazonで超お得に購入する方法!

【SIMカード不要】eSIM対応iPhone一覧【デュアルSIM】

eSIMとは?

スマートフォンの機種変更をするときは、端末に取り付けれらている「SIMカード」を入れ替えることで、電話番号などの情報を新しい端末に移すことができますよね。

そのSIMカードですが、最近では物理SIMカードを用いない「eSIM」が普及してきています。

eSIMとは、スマートフォンの端末内に組込まれていて、遠隔で電話番号などの情報を書き込めるSIMのことです。

物理SIMカードが必要ないので、オンラインでの申し込みをしてすぐに利用できるようになったり、物理SIMカードを入れ替える手間がなくなったり、SIMカードを破損、紛失するリスクがなくなったりというメリットがあります。

デュアルSIMを使うメリット

  • 電話番号を2つ使える
  • データ通信プランなどの組み合わせ自由
  • メイン回線の障害時に、サブ回線で助かることも

デュアルSIMとは、2枚のSIMを同時に利用して、2つの回線をスマートフォン1台で使える機能です。

電話番号を2つ持つこともできるので、例えばプライベート用と仕事用で電話番号を使い分けたり、通信データ容量が足りない場合に、メイン回線とは別の他社のデータプランを契約して組み合わせるなんとことができます。

また滅多にないと思いますが、メイン回線で通信障害が起こった際に、サブ回線のほうで通信ができる可能性もあり、通信の保険にもなります。

実際に僕はドコモの通信障害が起こったときに、サブ回線で通信ができて助かったことも!

eSIMが2つ扱えるiPhoneもある

これまでのiPhoneは「物理SIM×eSIM」の組み合わせで使う必要がありましたが、iPhone 13シリーズ以降のモデルでは「eSIM×eSIM」の組み合わせにも対応しました。

これにより、物理SIMカードを1枚も使わずに2回線利用できますし、プランの組み合わせ方がさらに自由になります。

eSIM/デュアルSIM対応iPhone一覧表

機種発売eSIM対応eSIMと物理SIMでのデュアル回線eSIM同士でのデュアル回線
iPhone 132021年
iPhone 13 mini2021年
iPhone 13 Pro2021年
iPhone 13 Pro Max2021年
iPhone 122020年×
iPhone 12 mini2020年×
iPhone 12 Pro2020年×
iPhone 12 Pro Max2020年×
iPhone SE (第2世代)2020年×
iPhone 11 Pro2019年×
iPhone 11 Pro Max2019年×
iPhone 112019年×
iPhone XR2018年×
iPhone XS Max2018年×
iPhone XS2018年×

無料で使える「楽天モバイル」がデュアルSIMのサブ回線におすすめ!

  • 一台のスマートフォンで電話番号が2つ使えるように
  • 専用アプリからの通話が無料
  • 1GBまでのデータ通信なら、毎月無料で使える
  • 契約時の手数料、解約金も無料
  • 対応エリアは心許ないが、現在拡大中

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT」がデュアルSIMのサブ回線におすすめです。

楽天モバイルをデュアルSIMのサブ回線として設定するだけで、「2つの電話番号が利用可能」「アプリ経由での通話無料」「1GBまでのデータ通信無料」などといったたくさんのメリットが生まれます!登録手数料も解約手数料も無料なので、お試ししてみてはいかがでしょうか?

楽天モバイル公式ページ