\ Amazonお得なタイムセール会場をチェック /

【Kindle】ファブリックカバー、レザーカバー比較レビュー!おすすめはどっち?

Kindle Paperwhite 第11世代用のAmazon公式純正保護カバーには、「ファブリックカバー」「レザーカバー」の2種類あります。

機能的には同じですが、表面に使われている素材が異なります。

どちらを購入しようか悩まれる方も多いため、実際にどちらも購入し、比較レビューしたいと思います!

この記事でわかること
  • 「ファブリックカバー」「レザーカバー」の違い
  • 「ファブリックカバー」「レザーカバー」の実際の写真
  • 「ファブリックカバー」「レザーカバー」どちらがおすすめ?

↓それぞれの個別レビュー記事も書いています↓

目次

Kindle用Amazon純正ケースは「ファブリックケース」「レザーケース」の2種類

Kindle ファブリックカバー レザーカバー 比較
左:ファブリックカバー、右:レザーカバー

価格差は1,100円

ファブリックカバーレザーカバー
価格 (税込)3,680円4,780円
カラーバリエーションブラック
ディープシーブルー
ラベンダーヘイズ
ブラック
ディープシーブルー
ラベンダーヘイズ
メルロー

ファブリックカバーは3,680円で、レザーカバーはそれよりも1,100円高い4,780円で販売されています。

またカバーのカラーバリエーションも異なります。

色はどちらも「ブラック」での比較です。

外観の比較

Kindle ファブリックカバー レザーカバー 比較
左:ファブリックカバー、右:レザーカバー
Kindle ファブリックカバー レザーカバー 比較
左:ファブリックカバー、右:レザーカバー
Kindle ファブリックカバー レザーカバー 比較
左:ファブリックカバー、右:レザーカバー

ファブリックカバーは「布」、レザーカバーが「天然皮革」で覆われています。

形状や内側はほとんど同じで、表面に使われている素材の違いだけです。

Kindle ファブリックカバー レザーカバー 比較
左:ファブリックカバー、右:レザーカバー

表面の材質以外で最も異なるのは、右下にある「Kindle」のロゴです。

ファブリックカバーのロゴは、ゴムのような材質。

レザーカバーでは、デボス加工で窪んでいるタイプのロゴなので、さりげなく目立ちにくいです。

作り・内側はほぼ同じ

Kindle ファブリックカバー レザーカバー 比較
左:ファブリックカバー、右:レザーカバー
Kindle ファブリックカバー レザーカバー 比較
左:ファブリックカバー、右:レザーカバー

ケースの作り・内側は、ほとんど同じ。

ベースはプラスチックで作られていて、枠の中にはめ込んでKindle端末を装着させます。

Kindle ファブリックカバー レザーカバー 比較
左:ファブリックカバー、右:レザーカバー

蓋の内側は、どちらも柔らかいマイクロファイバーが採用され、ディスプレイを優しく保護してくれます。

重さの比較

Amazon純正ファブリックカバー Kindle Paperwhite 第11世代用 重量
ファブリックカバー
Amazon純正レザーカバー Kindle Paperwhite 第11世代用 重量
レザーカバー

重さはどちらもほとんど同じですが、意外にもレザーカバーのほうが3gほど軽量でした。

使用するときの持ち心地は同じ

Amazon純正レザーカバー Kindle Paperwhite 第11世代
レザーカバー

ちなみに使う時はカバーを裏返して使えますが、手に触れるのは裏側のマイクロカバーの部分。

ファブリックカバーも、レザーカバーも、裏返せば同じなので、使用中の持ち心地、触り心地は同じです。

Amazon純正レザーカバー Kindle Paperwhite 第11世代
レザーカバー

マグネットがついているので、多少ですが、勝手に開かない効果もあります。

カバーを裏返して使うときも、本体背面にくっつきました。

カバー開閉で自動でスリープ/スリープ解除されるのが便利!

どちらのカバーにも、カバー開閉で自動スリープ・スリープ解除機能が搭載されています。

カバーを開けると自動で起動して、カバーを閉めるとスリープに移行!

パスワードをかけていなければ、読んでいた本のページをそのまま表示してくれるので、まるで紙の本のような感覚で開いてすぐに読書できます。

どちらもワイヤレス充電対応 (対応機種のみ)

ファブリックカバー

「Kindle Paperwhite シグニチャー エディション」には、ワイヤレス充電に対応し、専用のワイヤレス充電器も登場しましたが、どちらのケースでもケース装着したまま充電ができました。

充電する際に、毎回ケースを外す必要もないので、これは嬉しいですね。

ファブリックカバーのデザイン・外観をチェック

Amazon純正ファブリックカバー Kindle Paperwhite 第11世代用
Amazon純正ファブリックカバー Kindle Paperwhite 第11世代用

全体が布で覆われていて、暖かみのある心地の良い触り心地です。

Amazon純正ファブリックカバー Kindle Paperwhite 第11世代用

少し硬めな布生地で、ジーンズのような触り心地です。

水に強い素材を使っているようで、多少の水であれば、かかっても大丈夫なようです。

Amazon純正ファブリックカバー Kindle Paperwhite 第11世代用

開いた状態は、ファブリックカバーもレザーカバーも見分けがつきません。

レザーカバーのデザイン・外観をチェック

Amazon純正レザーカバー Kindle Paperwhite 第11世代用
Amazon純正レザーカバー Kindle Paperwhite 第11世代用

全体的に真っ黒で、落ち着いたデザイン。

Amazon純正レザーカバー Kindle Paperwhite 第11世代用

レザーの質感について、かっこいいのですが、価格のわりにはやや安っぽい感じも否めません。

それでも個人的には、ファブリックカバーよりも大人っぽくて好みです。

Amazon純正レザーカバー Kindle Paperwhite 第11世代用

開いた状態はファブリックカバーと一緒です。

【まとめ】どちらがおすすめ?

ファブリックカバーがおすすめの方
  • 安く抑えたい
  • 布のデザイン・肌触りが好み
レザーカバーがおすすめの方
  • レザーの落ち着いたデザインが好み (※レザーの高級感はあまりない)
  • Kindleのロゴを目立たせたくない

どちらがおすすめかざっくりとまとめてみました!

機能や作りは同じも価格差が1,100円あるので、「ファブリックカバー」のほうがコスパはいいですが、レザーの落ち着いたデザインが好きな方は「レザーカバー」もおすすめです。

どちらも純正品なだけあって、フィッティング感や、完成度も高いカバーでした。

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次