【2020年】iPadの選び方完全ガイド

【無料会員OK】iPhoneでYouTubeをピクチャインピクチャで見る方法!

iOS 14でピクチャ・イン・ピクチャができるようになった

iOS 14では「ピクチャ・イン・ピクチャ」に対応して、iPhoneで画面の小窓に動画を再生しながら、他の作業をすることができるようになりました!

ウサノ
ウサノ

これにより動画を見ながらLINEのメッセージを送ったりなど、ながら作業ができるように!

【悲報】YouTubeではなぜかできない!(Premiumユーザーは可能)

ただし、YouTubeはYouTubeのPremiumユーザー以外の一般会員の場合はできません。

恐らく、YouTubeのPremium会員の特典に、バックグラウンド再生があるので、ピクチャ・イン・ピクチャが無料ユーザーでも利用できてしまうと、そのメリットがなくなってしまうからだと思います。

ウサノ
ウサノ

ブラウザ版だとできたりもしたのですが、すぐに対策されてそれもできなくなりました…

iOS 14のiPhoneでYouTubeをピクチャ・イン・ピクチャで見る方法

無料ユーザーはそのままではできないが、Pocket経由ならできる!

無料ユーザーはそのままではYouTubeのピクチャ・イン・ピクチャはできませんが、「Pocket」というサービスのアプリを使うことで、ピクチャ・イン・ピクチャで再生することができました!

「Pocket」とは、気になるWebページを保存して、後で読むことができるサービス。

クラウドサービスでもあるので、出先のスマートフォンから気になるページを見つけて、Pocketに保存し、自宅のパソコンからそのページを簡単に開くことも容易です。

ウサノ
ウサノ

今回はそのPocktを使うことで、無料会員の方でもYouTubeのピクチャ・イン・ピクチャを実現させます!

手順

Pocket

Pocket

Read It Later, Incposted withアプリーチ

まず、Pocktをインストールして、アカウントを登録します。

Googleのアカウントでの登録が手軽でおすすめです。

ピクチャ・イン・ピクチャで表示させたいYouTubeの動画を開きます。(YouTubeはアプリでもブラウザ版でもどちらでもOKです)

そして、真ん中のほうにある「共有」を押します。

一番右側の「その他」を選択します。

「Pocke」を選択します。

Pocktが出て来ない場合は、一番右側の「その他」を選んで、「候補」の中から「よく使う項目」に移動させると、このような感じで表示されます。

一瞬このような画面が出てきますが、これが表示されれば、YouTubeのページが無事にPocktに保存されたことになります。

「Pockt」のアプリを開くと、これまで保存したページが一覧になって表示されます。

先程保存したYouTubeのページも一覧に出てくるはずなので、選択します。

YouTubeのページを開き、「再生ボタン」を押すと動画が再生されます。

再生されたら、iPhoneの一番下に表示されている「ホームバー」を上にスワイプさせて、ホーム画面に戻ります。

すると、見事にYouTubeをピクチャ・イン・ピクチャで視聴できました!

ホーム画面以外の画面に移動しても大丈夫です。

まとめ

  • iOS14でピクチャ・イン・ピクチャが実装
  • YouTubeはPremium会員以外、基本不可
  • PocktからならYouTubeをピクチャ・イン・ピクチャで視聴できる

iOS14でピクチャ・イン・ピクチャが実装されましたが、YouTubeはPremiumユーザーじゃない無料ユーザーはできませんが、Pocktを経由することでできました!

少しだけ面倒な方法ではありますが、気になる方はお試しください。

今後アップデートなどで対策される可能性もあるかもしれません。
Apple製品お得に購入