【必見】AmazonでApple製品をお得に購入する方法 >>

【iPad】外で通信できるだけじゃない!セルラーモデルの意外なメリットまとめ

iPadには、

  • Wi-Fiモデル
  • Wi-Fi + Cellularモデル

同じiPadでも、この2つの通信形態のモデルが存在します。

「Wi-Fi + Cellularモデル」は、通信会社と契約することで、iPhoneなどのスマートフォンと同様に、単体で外でも通信できるモデル。

もう一方の「Wi-Fiモデル」は名前の通り、自宅などのWi-Fiに接続して通信するモデル。Wi-Fiのある場所でしか通信ができません。

ただしWi-Fiモデルでも、iPhoneを経由して通信できる「テザリング」や、「モバイルルーター」を利用することで、同じようにWi-Fiのない場所でも通信できます。

ウサノケン
それなら「Wi-Fi + Cellularモデル」は必要なさそうにも思われるかもしれませんが、外で通信できる以外のメリットも意外とあるのでまとめてみました!
目次

「Wi-Fi + Cellularモデル」の意外なメリット

①GPS搭載で、ナビアプリが正確【※カーナビ利用なら必須】

「Wi-Fi + Cellularモデルに」は、通信装置だけでなく、現在位置を取得するための「GPS」も搭載されています。

逆にWi-Fiモデルには、GPSが非搭載なので、iPhoneのように地図アプリでのカーナビ利用は厳しくなります。

Wi-Fi電波で多少の位置情報は掴めますが、ナビとしてはほぼ使えません。

②メールやカレンダーなどのデータが常に最新に更新される

常時ネットに接続されているので、iPadを使ってないときでも、メールの受信やカレンダーの更新がされ、常に最新の状態に更新されます。

Wi-Fiモデルで、テザリングやモバイルルーター運用する場合は、使うときだけにしか通信されないので、メールの受信や最新の状態に更新されるまでに時間がかかります。

ウサノケン
使い始めたときに最新の状態だと、すぐに仕事に取り掛かれますね!

③iPhone&iPadを無くしたときに探せる

意外と助かるのが、iPhone、iPadをどこかに置き忘れたりして紛失しまったときです。

Apple製品は「探す」アプリを使えば、自分の持っている端末を地図で居場所を見れたり、サウンドを鳴らして、見つけやすくすることができます。

ただし、ネット回線もGPSのないiPadを落とした場合、正確な位置情報も取得できないため、見つけるのは困難。

iPhone、iPadどちらも通信回線に繋がるモデルを使っていれば、どちらか片方を無くしてしまったときでも、もう片方の端末から位置情報を見ることができ、結果的に探しやすくなります。

ウサノケン
Wi-Fi + CellularモデルのiPadにはGPSが搭載されているので、無くしたときの位置情報がより正確!

④テザリング・モバイルルーターとして使える

最後は、iPad自体をモバイルルーターにできることです。

iPhoneでもテザリング・モバイルルーターとして使えますか、セルラーモデルのiPadも同様にテザリングの親機として利用できます。

ウサノケン
モバイルルーターとして使うとバッテリーも消費していくので、電話としても使うiPhoneだと少し心配になることがあります。

まとめ

  • GPS搭載で、ナビアプリが正確【※カーナビ利用なら必須】
  • メールやカレンダーなどのデータが常に最新に更新される
  • iPhoneを無くしたときに探せる&iPadを無くしたとに探せる
  • テザリング・モバイルルーターとして使える

Wi-Fiモデルにテザリング運用でも、セルラーモデルと変わらない使い方ができると思いがちですが、データを常に最新の状態にしてくれたり、GPSを使ったナビとして使えたり、意外なメリットもあるんです。

ただしWi-Fi + Cellularモデルは、本体価格もかかりますし、月々の通信料金もかかるので、これらのメリットが不要なら、Wi-Fiモデルのほうがおすすめです。

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる