【2020年】iPadの選び方完全ガイド

iPad ProのMagic Keyboardは膝の上で使用できる?パソコンみたいに試してみた

iPad ProがMagic Keyboardでノートパソコンみたいに!

2020年に新型iPad Proが登場し、同時にiPad Pro用の「Magic Keyboard」も登場しました!

トラックパッドの搭載や、MacBookでも採用されているシザー構造のキーボードが採用されるなど、iPad Proが本格的にノートパソコンに近づきます。

そしてMagic KeyboardでiPadがノートパソコンみたいになったことで、膝置きで使用できるのかどうか気になったので、実際に検証してみます!

ノートパソコンみたいに膝置き操作はできるのか検証

これはMacBook Pro 13インチで試したときの写真ですが、安定して膝の上に置けて使用できています。

手を放した状態でも安定して乗っかっていますね。

ただしアルミボディでスルスル滑りやすいので落下しないように注意です。

普段はそこまで膝置きすることはないのですが、あまりスペースのない場所や、テーブルのない場所でこの使い方が役に立つんですよね!

iPad Pro 11+Magic Keyboardで膝置きを試す!

  • トラックパッドのおかげで操作しやすい
  • ケース表面が滑りにくい材質で膝の上から滑りにくい
  • 手を離すと若干手前側が浮く
  • 画面の角度が急で見にくい

まず結論からまとめ書きしました。

キーボードに手を置いた状態では安定して置けています!

Magic Keyboardの表面がゴムのような滑りにくい素材になっていて、これが膝の上に置いたときに滑り止め効果になっているみたいで、膝の上から滑り落ちにくく感じます!

しかしキーボードから手を離すと、手前部分が若干浮いてしまいます。離すとひっくり返るというわけではなく、ほんの少し浮くという感じです。

恐らく画面がiPadで重たいのが原因ですね。

あとは画面の角度がノートパソコンほど寝てくれないので、急角度で見づらいのがネック…

ただトラックパッドが搭載されて画面を触らなくてもほとんどの操作ができるようになったおかげで、画面がやや見づらい以外は膝の上でも結構快適に操作できました!

12.9インチモデルだとサイズが大きくなるので、もう少しやりやすくなるかもしれませんね。

まとめ

  • iPad ProのMagic Keyboardで膝の上でも意外といける
  • MacBookよりは快適さ、安定さに欠ける

iPad ProのMagic Keyboardでも一応膝の上で使用できましたが、画面の角度がもう少し開いてほしいのと、手を離したときに若干手前が浮くのが気になりました。

しかしMagic Keyboardの表面が滑りにくい材質で意外と膝の上から滑りにくいのには感心!

MacBookなどのノートパソコンと比べると、やややり辛さはありますが、意外と膝置きで操作できるという結果になりました!

ウサノ
ウサノ

一応膝置きできましたが、落下の危険性もあるので、なるべく机の上で作業しましょう!

購入される際は、サイズと言語にご注意ください。
Apple製品お得に購入