【必見】Amazonで超お得に購入する方法!

新型iPad Pro 11(第3世代)とAir(第4世代)はどちらがおすすめ?【比較】

2021年4月に新型iPad Pro (2021)が発表されました!

そして、iPad Pro 11インチとなると、ほぼ同じ画面サイズで、見た目もほとんど同じ「iPad Air (第4世代)」と迷われる方も多いのではないでしょうか。

ウサノケンタ

そこで今回は「iPad Air (第4世代)」も使用したこともあるProユーザーが、これから買うならどちらがおすすめなのか、まとめてみました!

iPad Pro 11インチ (2021)とiPad Air(第4世代)を比較

iPad Pro 11
(第3世代)
iPad Air
(第4世代)
画面サイズ 11インチ 10.9インチ
画面性能 ★★★★☆ ★★★☆☆
処理性能 ★★★★★ ★★★★☆
カメラ 12MP広角カメラ
10MP超広角カメラ
12MP広角カメラ
生体認証 顔認証 指紋認証
充電端子 USB-C (Thunderbolt) USB-C
スピーカー 4スピーカー 2スピーカー (横向き)
Apple Pencil 第2世代 第2世代
キーボード Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Bluetoothキーボード
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Bluetoothキーボード
価格 (税込) 94,800円〜 69,080円〜

一つずつ下で解説していきますが、ざっくりまとめるとこんな感じです。

見た目のデザインはそんなに変わらないものの、細かな部分が結構違っています。

価格一覧 (税込)

iPad Pro 11
(第3世代)
iPad Air
(第4世代)
64GB 69,080円 (85,580円)
128GB 94,800円 (112,800円)
256GB 106,800円 (124,800円) 87,780円 (104,280円)
512GB 130,800円 (148,800円)
1TB 178,800円 (196,800円)
2TB 226,800円 (244,800円)
( )内は「Wi-Fi + Cellularモデル」の価格

ストレージ容量は、Airは64GBと256GBの2つの容量からしか選べないのに対し、Proは128GB〜2TBまで好きな容量が選べます。

Airの64GBはお求めやすい価格ではありますが、128GBの設定がなく、64GBで足りない場合は256GBを選ぶしかありません。

そうなるとProに近い価格になり、256GBのAirに約7000円ほど足すとProの128GBが買えてしまうんです。

ウサノケンタ

個人的にはAirで256GBが欲しい方で、128GBでも足りそうな場合は、性能や機能が大幅に進化しているProの128GBをおすすめします!

ProのほうがM1チップ搭載で、処理性能が高い

iPad Pro 11
(第3世代)
iPad Air
(第4世代)
チップ M1チップ A14 Bionic
メモリ容量 8GBまたは16GB 4GB

「iPad Pro (第2世代)」と「iPad Air (第4世代)」のときは、そこまでの性能差はなかったのですが、新型「iPad Pro (第3世代)」ではMacで好評の「M1チップ」を搭載したため、性能差が大きく開きました。

またメモリもMacと同じ8GB(1TB以上のモデルは16GB)を搭載しているので、iPadの皮を被ったMacと言ってもいいほど高性能です。

ウサノケンタ

正直、Airも十分すぎるほど高性能なので、動画編集や3Dを扱ったりしない限り困ることはないと思います。

ただProのほうが長年使ったときに性能不足を感じにくくなるので、長期使用される方はProの方が安心かもしれません。

Proは「ProMotionテクノロジー」で動きのある表示に強い

iPad Pro 11
(第3世代)
iPad Air
(第4世代)
画面サイズ 11インチ 10.9インチ
ディスプレイ Liquid Retinaディスプレイ Liquid Retinaディスプレイ
最大輝度 最大輝度600ニト 最大輝度500ニト
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ

個人的には最も大きな違いだと思うのが、ディスプレイの「ProMotionテクノロジー」の有無です。

ProMotionテクノロジーとは、ディスプレイのリフレッシュレートを2倍まで上げる機能で、通常の60Hzから120Hzまで上がります。

ブラウザのスクロールなど動きのある表示を滑らかに表示してくれるので、目が疲れにくくなったり、Apple Pencilがより描きやすくなったりというメリットがあります。

左:ProMotionあり / 右:ProMotionなし

スローモーションで、ProMotionテクノロジー対応の機種と、非対応の機種を並べてスクロールしてみたところ、非対応の機種はカクカクなのに対し、対応機種はぬるぬる動いてて驚きました…!

ウサノケンタ

単体で使ってると、そこまで気になりせんが、並べてみると雲泥の差があります。

カメラ

iPad Pro 11
(第3世代)
iPad Air
(第4世代)
アウトカメラ 広角:12MP
超広角:10MP
広角:12MP
フロントカメラ 12MP 7MP
LiDARスキャナ

Proには、広角レンズの他に、iPhoneと同じ「超広角」レンズが搭載されます。

風景などを撮るときに重宝するカメラではありますが、個人的にはiPhoneばかりでiPadで写真を撮ることは滅多にないので、Airのカメラでも十分だと思っています。

またProにのみ、「LiDARスキャナ」と呼ばれる、被写体との距離を測ってARをより忠実に表示させたり、カメラの性能を高める機能があります。

Proは「顔認証」、Airは「指紋認証」

Airもディスプレイの全面にホームボタンがないので、一見、顔認証の「Face ID」なんじゃ?と思う方も多いですが、指紋認証の「Touch ID」になります。

Proと同じ位置にあるトップボタンに指紋センサーがあり、ここに指を当ててロック解除ができます。

Proは現行のiPhoneと同じ「Face ID」で、顔認証となります。

ウサノケンタ

Touch IDかFace IDかは好みですね。

Proは「Thunderbolt」採用で、外付け機器との通信がより高速に

どちらもUSB-C端子なので、同じ充電器を利用できますが、Proのほうは「Thunderbolt」対応のUSB-Cになったので、周辺機器との通信がより高速になりました。

外付けのストレージに接続してデータを移動させたりするときに効果を発揮しそうですね。

Apple Pencil 2や、Magic Keyboardは、どちらの機種でも使える

「Apple Pencil 2」や、「Magic Keyboard」、「Smart Keyboard Folio」といったアクセサリーは、どちらの機種にも対応で、使い回すことも可能です。

Magic Keyboardには、トラックパッドも搭載されているため、パソコンに近い操作ができるようになりますよ!

【まとめ】個人的にはiPad Proをお勧めしたい!

  • M1チップで性能が大幅に向上した
  • ProMotionテクノロジーで滑らかな動きのある表示が可能
  • Proはストレージ128GBが選べる(Airの256GBに7000円ほど足すとPro 128GBが買える)

2020年モデルのiPad ProとAirなら、そこまで大きな性能さはなかったのですが、新型の2021年モデルではM1チップの搭載やメモリ容量8GB以上搭載したりと、結構大きく差が開きました。

64GBのAirならコスパも悪くないのですが、256GBモデルを選んだ場合はProの128GBとそこまでの価格差がないんです。

また性能が高いほうが、長年使用したときに性能不足を感じにくくなりますし、ProならProMotionテクノロジーもあって動きのある表示がスムーズ。

これらのことを考えて、個人的には、これから購入される方にはiPad Proをおすすめしたいです。