【2020年】iPadの選び方完全ガイド

【比較】iPad Proは2020と2018どっちがおすすめ?2018から買い替える必要はあるのか

iPad Pro 2020年モデルが登場しましたね!

しかし2018年モデルと比べても、見た目はカメラ部分が変化したくらいで、あまり変わり映えしてないようにも思えてしまいます。

そこで「iPad Pro (2020)」と「iPad Pro (2018)」どっちを買ったらいいのか迷われている方に、違いと、おすすめなモデルを個人的に考えてみました!

ウサノ
ウサノ

2020年モデルは2018年モデルから何が変わったのか見ていきましょう!

「iPad Pro (2020)」の「iPad Pro (2018)」から進化した点

①「A12Z Bionic」チップ搭載でグラフィック性能がアップ

チップが「A12X Bionic」から「A12Z Bionic」に進化。

GPUのコア数が7コアから8コアに増えていて、GPU性能が10%ほど高速化されています。

ただしCPU性能にはほとんど差がなく、処理能力という面ではあまり進化したとは言い難いです。

「A12Z Bionic」は物理的に「A12X Bionic」と同じチップで、「A12X Bionic」で無効化されていたコアが有効にされただけの可能性があるそうです。

②iPad初のデュアルカメラ搭載

これまでは「広角」のレンズだけでしたが、2020年iPad Proでは新たに「超広角」レンズが追加されiPad史上初のデュアルカメラに。

追加されたレンズは「望遠」ではないので、「iPhone XS」までのようなデュアルカメラではなく、「iPhone 11」と同じ「広角」と「超広角」の組み合わせになります。

ただしiPhone 11シリーズで使える、暗闇でもくっきり撮影できる「ナイトモード」には対応していません。

③LiDARスキャナでARが進化

カメラの部分に黒い丸いのがありますが、これは「LiDARスキャナ」と呼ばれる、ARのレベルが更に上げる装置です。

光が対象物に到達してから反射して戻るまでの時間を測定して距離を割り出すことで、より正確に周りの状況を掴むことができます。

「計測」アプリを使うと、これまでは測定前に本体をしばらく動かして空間を読み取らないといけなかったのが、「LiDARスキャナ」搭載のiPadだと、この読み取る作業が不要で、すぐに測定することができるようになりました。

④Wi-Fi6対応で、WiFiが高速化

Wi-Fiの次世代規格「Wi-Fi 6」にも対応。

Wi-Fi 6に対応したWi-Fiルーターと組み合わせることで、より高速な通信が可能で、さらに通信の効率が上がることにより通信時のiPad本体のバッテリー消費量が下がり、バッテリーが長持ちするようになります。

⑤ストレージ容量が最小128GBに容量アップ

ストレージ容量の最低容量は「64GB」でしたが、2020年モデルでは「128GB」に増えました。

「64GBだとギリギリ足りなかった」という方に朗報ですね!

その他多少の細かな変更はあるかもしれませんが、目立つ変更は上記の通りです。

「Magic Keyboard」は2018年モデルでも使える!

新しく登場したiPad Pro用の「Magic Keyboard」ですが、なんと2018年モデルのiPad Proにも対応しているんです!

外側カメラの形状が違うので、少し隙間が空くような見た目にはなりますが、それ以外はまったく問題なく使用できます。

2018年モデルを持っていれば、Magic KeyboardだけのためにiPad本体を買い替える必要はなく、Magic Keyboardだけ購入すればOKです!

これから買うなら「2018年モデル」より「2020年モデル」がおすすめな理由

2018年モデルと迷う場合は 個人的には新型の2020年モデルのiPad Proをおすすめしたいです。

その理由は、2020年モデルのほうが長年快適に使える可能性が高いからです。

あまり代わり映えしていないようにも感じてはしまいますが、「2020年モデル」は価格が少し下げられていますし、多少なりとも性能とカメラは進化しています。

さらにRAM容量が4GBから6GBに増加しているので、今後登場するiPad版の「Photoshop」などの処理性能を必要とするアプリで有利になる可能性があります。(※2018年モデルでも1TBモデルだけは6GB)

またiPhone、iPadは、OSのアップデートで重くなることがあるので、少しでもRAM容量に余裕があったほうが、長く快適に使える可能性が高いんです。

ウサノ
ウサノ

それらの理由から、これからどちらを購入しようか迷うなら「2020年モデル」をおすすめします!

2018年モデルからは買い替えなくていいと思う

これから買う場合は「2020年モデル」をおすすめしましたが、既に2018年モデルを持っていて、特に不満がないのなら買い替えなくてもいいと思いました。

買い替え資金が必要になりますし、小規模アップデートなのでそれに見合った費用対効果が得られるかは正直微妙なところです。

ウサノ
ウサノ

既に2018年モデルをお使いであれば、また次のモデルチェンジのときに買い替えたほうが変化も大きくていいと思います!

まとめ

  • 2018年モデルと迷う場合は 2020年モデルのiPad Proがおすすめ
  • 2018年モデルから2020年モデルに買い替えても費用対効果が薄い
  • Magic Keyboardは「2018年モデル」でも利用可能

僕はこれまで「iPad Pro 10.5インチ」を使っていたので買い替えましたが、広いベゼルレスディスプレイや、Face ID、新しく登場したMagic Keyboardも使えるようになって大満足です。

ただし「2018年モデル」のiPad Proを使っていたら「2020年モデル」に買い替えていたかはあやしいです。目玉の「Magic keyboard」は2018年モデルでも対応していますからね…

ウサノ
ウサノ

2018年モデルを持っていなくて、これからiPad Proを購入する場合は2020年モデルがおすすめですが、既に2018年モデルを使っていれば買い替える必要性はそこまでないのかなと思いました!

Apple製品お得に購入