【必見】Amazonで超お得に購入する方法!

新型iPad Pro 12.9「Liquid Retina XDRディスプレイ」を試したら、有機EL並みに黒がキレイ!

2021年5月に発売の新型「iPad Pro 12.9 (第5世代)」を購入しました!

そして今回の12.9インチモデルの目玉でもある、ミニLEDの「Liquid Retina XDRディスプレイ」を実際に試したのですが、これがとにかく凄い…!

12.9インチモデルと、11インチモデルを並べて比較してみたので紹介します。

MEMO
どちらも、最大輝度、True Toneなどを無効にした同条件で比較しています。

「Liquid Retina XDRディスプレイ」は有機ELディスプレイ並みに黒がキレイ

Liquid Retina XDRディスプレイ
Liquid Retina XDRディスプレイ

12.9インチと11インチを並べて、4K HDRの動画を同時に再生してみました。

ウサノケンタ

黒が漆黒!!!

普通に使ってるときは、大きな差はそこまで感じなかったのですが、暗い部屋で黒の多い映像を見ると一目瞭然!黒い部分がディスプレイが消灯しているときと同じくらい黒い!

ミニLEDディスプレイは、大量に敷き詰められた小さなLEDを必要な部分だけを点灯させることができるので、暗い部分はバックライトを点けず、キレイな真っ黒を表示させることができるんです。

対して11インチモデルは、ミニLEDではない従来と同じディスプレイなので、バックライト全体が点灯して黒い部分も薄ら光ってしまい、12.9インチモデルほど真っ黒にはなりません。

ウサノケンタ

12.9インチモデルでは、赤いものだけが光っていて、凄くキレイ…

HDR動画再生時の輝度も凄い

Liquid Retina XDRディスプレイ
Liquid Retina XDRディスプレイ

「Liquid Retina XDRディスプレイ」 の最大輝度は、

  • 通常時 600ニト
  • フルスクリーン時 1000ニト
  • HDR ピーク時 1600ニト

11インチモデルはどのシーンでも最大600ニト。

通常時の輝度は一緒なので、ネットなどを使っているときの明るさに差はないと感じましたが、YouTubeの4K HDR映像で見比べたら結構違いました。

12.9インチモデルのほうが、照明が当たったときの光などが「ピカッ」っとあきらかに明るく、迫力が増し増し!

ウサノケンタ

夜景のライトが眩しいと感じるほど!
MEMO
輝度は写真では伝わりにくいかもしれませんが、肉眼で見ると結構違います。

正直、11インチモデルのディスプレイも綺麗!映画や写真をiPadにどこまで求めるかどうか

2台で検証しましたが、明らかに「Liquid Retina XDRディスプレイ」 を搭載した12.9インチモデルのディスプレイのほうが、黒と明るい表示がキレイでした。

ただ正直、12.9インチモデルのほうが、よりキレイというだけで 、11インチモデルも十分すぎるほど綺麗なディスプレイ。

今回は検証のために、ミニLEDディスプレイの有利な環境で比較したので、違いを感じられましたが、2台並べて見比べたりしない限り、そこまで違いを感じることはあまりないと思います。

ウサノケンタ

12.9インチモデルは、映画や写真が好きな方におすすめです!