【2020年】iPadの選び方完全ガイド

iPad Pro用「Magic Keyboard」の特徴を完全解説!どんな人におすすめ?

iPad Pro 2020年モデルの登場に合わせて、iPad Pro用のキーボード「Magic Keyboard」が登場しました!

iPad Pro用Magic Keyboardにはなんと、トラックパッドが搭載されているんです!

これによりiPad ProでMacBookに近い操作ができようになると予想できます。

今回はiPad Pro用「Magic Keyboard」の特徴と、どんな方におすすめなのかをまとめてみました!

ウサノ
ウサノ

トラックパッド待ってましたー!!


新型iPad Proの発売は3月ですが、Magic Keyboardの発売は5月で、少し遅れて発売となります。

iPad Pro用「Magic Keyboard」の特徴

タッチパッド搭載!

iPadOSでも一応マウス・タッチパッドがサポートされましたが、アクセシビリティの機能の一部だったため、ホイールの向きが逆だったりとあまり使いやすいとは言えませんでした。

ところがiPad Pro(2020)と共に発表された「Magic Keyboard」には、キーボードの手前にタッチパッドが搭載!

  • どこでもクリックできるトラックパッド
  • Multi-Touchジェスチャーで思いのままに操作
  • iPadに合わせた独自のカーソルを作成

Magic Keyboardのトラックパッドをまとめるとこんな感じ。

どこでもクリックできるトラックパッドや、マルチタッチジェスチャーできるってことは、MacBookのトラックパッドや、Magic Trackpad 2と同じ感じになりそう!

またカーソルはiPadに最適気なものを作り、作業に合わせてボタン、アプリのアイコン、テキストなどに重ねるだけで必要なツールに変身するんだとか!

ウサノ
ウサノ

これならタッチパネルでの操作に引けを取らないくらいの快適な操作ができそうですね!

フルサイズのバックライトキーボード&シザー構造で快適なタイピングが可能に

Smart Keyboardでは、ファブリック素材を使ったキーを採用し、iPadのキーボードとしては優秀なキーボードでした。

しかしMacやパソコンのキーボードと比べるとさすがに劣ります。

そして今回のiPad Pro用のMagic Keyboardは、iMacやMacBook Pro 16インチで採用でもされているシザー構造のキーを採用!

しっかりしたハードキーを採用し、MacBookに引きを取らないタイピングが可能となります。

またバックライトも搭載しているので、暗い場所でもキーを確認しながら作業できます。

画面を無段階で角度調整可能に!しかも浮いている

これまでのSmart Keyboardでは、画面の段階が2段階でしか調整できませんでしたが、「フローティングカンチレバー」というヒンジを採用し無段階に角度調整できるようになりました。

最も見やすい角度にスムーズに調整できます。

またこれまではiPadが下に付いている状態でしたが、Magic Keyboardでは画面が浮いた状態で使えます。
画面の高さが少し上がるので、見やすくなり首の負担も少し改善できそうです。

iPad Proを充電できるUSB-Cポート搭載

ヒンジの左側にUSB-Cポートが搭載されました。

これにより、

  • USB-Cポートが2つに増え、充電しながら別の機器を接続できる
  • 充電しながら使用したときに、ケーブルが邪魔になりにくくなる

これまでは本体側のUSB-Cポートしかなかったので、充電しながら他の機器を接続するためにはUSBハブなどを用意する必要がありました。

今度はキーボード側にも搭載されたので、キーボード側に充電ケーブルを挿しながら、本体側のUSB-Cポートに使用したい機器を接続できるようになります。

Magic Keyboard側のUSB-Cポートは、充電専用の可能性があります

折りたたむとiPad Proの前面と背面を守るカバーに!背面にはリンゴマークが

Smart Keyboard Folio同様に、Magic Keyboardも閉じると、iPad Proの前面と背面を守るカバーとしても使えます。

さらに背面にSmart KeyboardではなにもなかったAppleロゴがあります。

しかもキーボードスタイルで使ったときに、MacBookのようにリンゴマークが正しい位置に見えるように!

Magic Keyboardのデメリット

価格が高い

11インチ用 12.9インチ用
Magic Keyboard ¥31,800 (税別) ¥37,800 (税別)
Smart Keyboard Folio ¥18,800 (税別) ¥20,800 (税別)

価格は驚くほど高く感じます、、

Smart Keyboard Folioよりも1万円以上高いです。

3万円以上もして、12.9インチ用は税込みにすると4万円超える…
ウサノ
ウサノ

普通のiPad買えてしまう…(笑)

iPadをメインマシンとして考えている方にはおすすめですが、MacBookが主として使っている方や、文字入力をあまり行わない方にはあまりおすすめはできません。

重くなりそう

まだ重さの情報を確認できていませんが、Smart Keyboard Folioよりも確実に重くなると思います。

Smart Keyboard Folioでも装着していると結構重くなりますが、シザー構造のキーボードやしっかりとしたヒンジなどを持っているMagic Keyboardは確実に重そうです。

タブレットとして使うときは外して使ったほうがいいかも…?

iPad Pro用Magic Keyboardがおすすめの方

  • iPad Pro1台でなんでも行いたい方(メインマシンにしたい)
  • iPad Proで文字入力が多い方
  • MacBook Airよりもコンパクトなデバイスが欲しい方

現状でiPad Pro用Magic Keyboardがおすすめな方は、上記の通りです。

僕もそうですがiPad Proをメインマシンとして使いたい場合、トラックパッドとシザー構造のキーボードを搭載したMagic Keyboardはかなり頼もしい存在になりそうです。

最近はiPadだけでブログの投稿や画像編集を行うことも多いので、Magic Keyboardはかなり楽しみ。

またiPad Proはコンパクトな11インチモデルが選べます。

MacBookはモバイラーに人気だった「MacBook Air 11インチ」「MacBook 12インチ」が販売終了し、現在最もコンパクトなのが13インチの「MacBook Air」だけです。

MacBook Airも小さいほうではありますが、iPad Pro 11インチのほうがもっとコンパクトで持ち運びやすいサイズ。さらにiPadなら「Wi-Fi + Cellularモデル」も選べるので、iPhoneみたいにどこでもネットに接続できるのもポイント!

ウサノ
ウサノ

僕はMagic Keyboard買います!新型iPad Pro 11インチは買いましたが、Magic Keyboardの発売は5月なのが残念…

購入される際は、サイズと言語にご注意ください。
Apple製品お得に購入