【2020年】iPadの選び方完全ガイド

iPad Pro(第2世代)とiPad Air(第4世代)迷うときの3つのポイント!

iPad Air(第4世代)」が発売しましたが、「iPad Pro(第2世代)」に見た目も似ていますが、ロック認証方式が違ったり、結構違う部分があります。

どちらを購入したらいいのか悩む方も多いと思うので、選ぶ際のポイントをまとめてみました!

iPad Pro(第2世代)とiPad Air(第4世代)の最も大きな違い

①「Face ID」か「Touch ID」どちらがいいか

まずロック解除認証方式の違いです。

iPad Pro(第2世代)は「Face ID」が搭載され、最新のiPhoneと同じように顔でロック解除します。

iPad Air(第4世代)は「Touch ID」が搭載。いかにも顔認証できそうな見た目ですが、Face IDは搭載されておらず、トップボタン内に「Touch ID」が内蔵され、指を当てて指紋認証でロック解除します。

どちらも似たようなデザインとなりますが、ロック解除の方式が大きく異なります。

コロナ禍もあり外出時はマスクを着用することが増えましたが、「Face ID」はマスクをしていると機能しなくなってしまうので、外出時では「Touch ID」の搭載されているiPad Air(第4世代)のほうが便利に使えると思います。

ウサノ
ウサノ

個人的には、iPadは自宅内でマスクを外した状態で使用することが多いため、「Face ID」のほうが好きです。

②ProMotionテクノロジーの有無

ProMotionあり : ProMotionなし

個人的に結構重要だと思うのが「ProMotionテクノロジー」

一般的なiPadの画面のリフレッシュレートは60Hzですが、「ProMotionディスプレイ」を搭載しているiPadでは最大120Hzとなり、画面上の動作がより滑らかに表示されます!

とくにブラウザのスクロール時で比べると一目瞭然!

「ProMotionテクノロジー」のある機種と、ない機種を、スローモーションで撮影してみたのですが、非対応の機種はスクロールがカクカクなのに対し、対応機種ではすごく滑らかで、結構な差があるのがわかりました。

ProMotionあり
ProMotionなし

またApple Pencilを使った時も、ProMotionのある機種ではペンをなぞった時に線が即反映されるのに対し、非対応の機種ではワンテンポ遅れて反映されています。

ウサノ
ウサノ

実際に書き比べても、ProMotionのある機種の方が実際の紙に書いているような感覚に近くて書きやすく感じました!

③iPadのカメラをどこまで使うか(超広角とLiDARスキャナ)

iPad Pro(第2世代)iPad Air(第4世代)
12MP広角カメラ
10MP超広角カメラ
LiDARスキャナ
12MP広角カメラ

Proには広角カメラの他に、「超広角カメラ」が搭載されているので、より広い画角で撮影することができます。

また「LiDARスキャナ」が搭載されていて、ARで周りの空間をより正確に読み取ることも可能。

個人的には写真はiPadではなくiPhoneで撮るので、iPadのカメラは1つあればいいと思っていますが、iPadで撮影をされる方は超広角の有無も考慮してみるといいでしょう。

そんなに気にしなくていいこと

①ディスプレイサイズ

ディスプレイサイズは、0.1インチの差でしかないので、そこまで気にしなくていいと思います。

②チップ(処理性能)

iPad Air(第4世代)のほうが新しい「A14 Bionicチップ」を搭載。

状況によってはiPad Air(第4世代)のほうが高い処理能力を発揮する場合もあるとか…!?

ただしRAM容量に少し差がある(Proが6GB、Airが4GB)ので、マルチな使い方や、メモリを大量に消費するアプリでは差が出るかもしれません。

まとめ

  • 「Face ID」か「Touch ID」か
  • ProMotionテクノロジーの有無
  • iPadのカメラをどこまで使うか

細かく見ていくと、iPad Pro(第2世代)のほうが有利な部分が多くありました!

個人的には「ProMotionテクノロジー」のあるProのほうが好み。画面の動きのある表示が滑らかだったり、Apple Pencilの書き味がより紙に近く感じられるので、気持ちよく使えます。

Apple製品お得に購入