【必見】AmazonでApple製品をお得に購入する方法 >>

【超迷う】iPad Air(第5世代)、iPad Pro 11(第3世代)の失敗しない選び方

2022年3月に新型iPad Air (第5世代)が発表されました!

そしてiPad Airを検討される方が、ほぼ必ず迷ってしまうのが「iPad Pro 11」の存在です。

従来は異なるチップが搭載され処理性能も差別化されてたのが、どちらも同じチップが採用され、ますます選び方が難しくなりました…!

ウサノケン
「iPad Pro 11(第3世代)」と前モデルの「iPad Air (第4世代)」を使用したこともある僕が、これから買うならどちらがおすすめなのかまとめてみました!
目次

iPad Pro 11インチ (第3世代)とiPad Air(第5世代)の大まかな比較表

iPad Pro 11
(第3世代)
iPad Air
(第5世代)
画面サイズ 11インチ 10.9インチ
画面性能 ★★★
(リフレッシュレートが高い)
★★☆
処理性能 ★★★ ★★★
カメラ 12MP広角カメラ
10MP超広角カメラ
LiDARスキャナ
12MP広角カメラ
生体認証 顔認証 指紋認証
充電端子 USB-C (Thunderbolt対応) USB-C
スピーカー 4スピーカー 2スピーカー (横向き)
Apple Pencil 第2世代 第2世代
キーボード Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Bluetoothキーボード
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Bluetoothキーボード
価格 (税込) 94,800円〜 74,800円〜

ざっくりまとめるとこんな感じ!

下で解説していきますが、見た目のデザインはそんなに変わらないものの、細かな部分が少し違いますね。

iPad Air(第5世代)とiPad Pro 11(第3世代)で大きな違い

①動きのある表示が滑らかになる「ProMotionテクノロジー」の有無

iPad Pro 11
(第3世代)
iPad Air
(第5世代)
画面サイズ 11インチ 10.9インチ
ディスプレイ Liquid Retinaディスプレイ Liquid Retinaディスプレイ
最大輝度 最大輝度600ニト 最大輝度500ニト
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ

個人的にProとAirで最も大きな違いは、ディスプレイの「ProMotionテクノロジー」です。

ProMotionテクノロジーとは、ディスプレイのリフレッシュレートを2倍の通常の60Hzから120Hzまで上げる機能。

ブラウザのスクロールなど動きのある表示を滑らかに表示してくれるので、目が疲れにくくなったり、Apple Pencilの追従性が高まるというメリットがあります。

ProMotionあり / ProMotionなし

スローモーションで、ProMotionテクノロジー対応の機種と、非対応の機種を並べてスクロールしてみたところ、非対応の機種はカクカクなのに対し、対応機種はぬるぬる動いてて驚きました…!

あと若干の差ですが、画面の最大輝度もProのほうが少し明るい為、屋外で使用するときに見やすくなります。

ウサノケン
ProMotionテクノロジーは、単体で使用するときはそこまで気になりませんが、

②「顔認証」か、「指紋認証」か

iPad Pro 11
(第3世代)
iPad Air
(第5世代)
生体認証 Face ID (顔認証)Touch ID (指紋認証)

Airも全画面のディスプレイなので、一見、顔認証の「Face ID」なんじゃ?と思ってしまうかもしれませんが、指紋認証の「Touch ID」になります。

Proと同じ位置にあるトップボタンに指紋センサーが内蔵されていて、ここに指を当ててロック解除ができます。

Proは「Face ID」で、顔認証となります。

ウサノケン
Touch IDかFace IDかは、完全に好みですね。

③カメラ(超広角カメラ・LiDARスキャナがあるか、ないか)

iPad Pro 11
(第3世代)
iPad Air
(第5世代)
アウトカメラ 広角:12MP
超広角:10MP
広角:12MP
フロントカメラ 12MP 12MP
LiDARスキャナ

Proには、広角レンズの他に、iPhoneと同じ「超広角」レンズが搭載されます。

風景などを撮るときに重宝するカメラではありますが、個人的にはiPhoneばかりでiPadで写真を撮ることは滅多にないので、Airのカメラでも十分だと思っています。

またProにのみ、「LiDARスキャナ」と呼ばれる、被写体との距離を測ってARをより忠実に表示させたり、カメラの性能を高める機能も搭載。

ウサノケン
個人的に写真はiPhoneで撮るので、超広角カメラもLiDARスキャナもiPadではなくても全然困らない…

④スピーカーの数

iPad Pro 11
(第3世代)
iPad Air
(第5世代)
スピーカー 4スピーカー2スピーカー (横向き)

スピーカーの数が異なり、とくに縦向きで使用時に違いがでます。

両機種とも横向きで使用するときはステレオで左右から音が流れますが、Proでは縦向き使用時でも左右からステレオ再生されるのに対し、Airでは上と下から流れてしまうため、左右からのステレオ感はありません。

ウサノケン
動画は横向きでしか見ないという方なら、そこまで気にしなくていいと思います。

⑤ストレージ容量と価格

iPad Pro 11
(第3世代)
iPad Air
(第5世代)
64GB 74,800円 (92,800円)
128GB 94,800円 (112,800円)
256GB 106,800円 (124,800円) 92,800円 (110,800円)
512GB 130,800円 (148,800円)
1TB 178,800円 (196,800円)
2TB 226,800円 (244,800円)
税込価格。( )内は「Wi-Fi + Cellularモデル」の価格

ストレージ容量は、Airは64GBと256GBの2つの容量からしか選べないのに対し、Proは128GB〜2TBまで豊富なモデルから選べます。

Airの64GBはお求めやすい価格ではありますが、128GBの設定がなく、64GBの次は256GBを選ぶしかありません。

そうなると価格が一気に上がり、256GBのAirに約2000円ほど足すとProの128GBが買えてしまうんです。

ウサノケン
個人的には、Airの256GBを検討中で128GBでも足りそうな場合は、より高性能なProの128GBをおすすめします!

どちらの機種でも、ほとんど変わらないところ

①処理性能

iPad Pro 11
(第3世代)
iPad Air
(第5世代)
チップ M1チップ M1チップ
メモリ容量 8GBまたは16GB 8GB

両機種とも、Macでも好評な「M1」チップが搭載されています!

iPadにはオーバースペックとも思われるくらいの高性能なチップなので、性能不足を感じることはほぼないと思っていいでしょう。

ただし、iPad Proはストレージ容量1TB、2TBのモデルを選んだ場合のみ、メモリ容量が2倍の「16GB」になります。

ウサノケン
正直なところ、現状、iPadではそこまでのメモリ容量を活かせるアプリが少ないので、メモリ容量は意識しなくていいと思います。

②「Apple Pencil 2」「Magic Keyboard」などの対応する周辺機器

「Apple Pencil 2」「Magic Keyboard」「Smart Keyboard Folio」といったアクセサリーは、どちらの機種にも対応で、使い回すことも可能です。

Magic Keyboardには、トラックパッドも搭載されているため、パソコンに近い操作ができるようになりますよ!

【まとめ】

iPad Proがおすすめの方
  • ProMotionテクノロジーで滑らかな表示・Apple Pencilの追従性を高めたい
  • 128GBモデルが欲しい(64GBだと足りないけど256GBは余る)
  • 縦向きの時でもステレオ再生したい
  • Face ID(顔認証)が好み
iPad Airがおすすめの方
  • 64GBモデルをリーズナブルな価格で入手したい
  • Touch ID(指紋認証)が好み

処理性能の差はほぼありませんが、ProMotionテクノロジーの有無で、動きのある表示をさせると結構違います。

正直、見比べなければ気になることはほぼありませんが、iPhone 13 Pro以降のProMoton採用機種を使われている方は、iPadもProMotionのあるProを使ったほうが違和感少なく使えると思います。

またAirは64GBならリーズナブルに購入できますが、ストレージを増やそうとすると256GBになってしまい価格も結構上がってしまいます。

もし256GBまでは必要なく、128GBで足りそうな場合は、256GBにAirと価格も近いiPad Proの128GBも検討してみてはいかがでしょうか。

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる