\ Amazonお得なタイムセール開催中 /

【iPad】本体の向きによって音量上下ボタンの役割が変わる設定方法

目次

iPadOS 15.4から、iPadの音量ボタンの役割を本体の向きに連動させることができるようになった

「iPad mini 6」では音量ボタンの上げ下げの役割が本体の向きによって変わる設定でしたが、 iPadOS 15.4からは他のiPadも同様の設定ができるようになりました。(※対応機種のみ)

普通に縦向きで持っているときはこれまでと同様ですが、横向きにしたときや、逆さにしたときの音量の上下ボタンが向きによって逆になるようになります。

音量ボタンを押したときに表示される「音量調整バー」に連動した表示になるので、人によってはこちらのほうがわかりやすいと感じると思います。

iPadの音量ボタンの役割を変更する設定方法

iPadの「設定」アプリを開き、「サウンド」を選択します。

「音量コントロールの位置を固定」を、オフにすると音量ボタンが固定されず、端末の向きによって変わるようになります。

緑色がオンの状態だと、従来と同じボタン設定です。

まとめ

  • iPad mini 6と同様に、他のiPadも本体の向きによって音量ボタンの役割が変えられるようになった
  • 従来通りのままでも使えるので、使いやすいほうに設定しよう

iPadOS15.4から、iPadの音量ボタンの役割を端末の向きに合わせて変わる設定にできるようになりました。

ただしiPhoneはこの設定はできないので、iPhoneと使い方を統一したい場合は設定しないほうが違和感なく使えると思います。

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次