【2020年】iPadの選び方完全ガイド

iPhone 11 ProからiPhone 12 miniにすると失う機能まとめ

5.4インチの待望のコンパクトサイズの「iPhone 12 mini」が登場!

これまでは5.8インチの「iPhone 11 Pro」が最も小型のiPhone(※iPhone SE 2などを除く)でしたが、それよりも一回り以上小型の「iPhone 12 mini」に乗り換える方も多いんじゃないでしょうか?

しかしハイエンドモデルの「iPhone 11 Pro」 からエントリーモデルの「iPhone 12 mini」にすると、失ってしまう機能も少なからずあります。

ウサノ
ウサノ

今回は、iPhone 11 ProからiPhone 12 miniにすることで失ってしまう機能まとめてみました!

iPhone 11 ProからiPhone 12 miniにすることで失ってしまう機能

①望遠レンズ

カメラのレンズが3つから2つに減ってしまい、望遠レンズがなくなってしまいます。

僕は物撮りなどで望遠レンズ結構使っていますが、使わないという方も多いので、そこまで気にしなくていいかな?

iPhone 12 miniにも超広角レンズは搭載されています。

②バッテリー持続時間

iPhone 12 miniiPhone 11 Pro
最大15時間のビデオ再生最大18時間のビデオ再生

バッテリー持続が結構変わり、ビデオ再生時間は約3時間減少します。

一日中使ったりしなければ問題ないと思いますが、心配な方はモバイルバッテリーでカバーしましょう!

③ディスプレイ輝度

意外と見逃しなのが、ディスプレイの輝度。

iPhone 11 Proが最大輝度800ニトなのに対し、iPhone 12 miniは最大輝度625ニトとなり、iPhone 11 Proよりも少し暗いディスプレイとなります。

屋内なら問題ないですが、快晴の外で使用する場合はiPhone 11 Proのほうが見やすいはずです。

④強固なステンレススチールボディ

miniはステンレススチールではなく、アルミニウムになります。

ただしステンレススチールよりもアルミニウムのほうが軽量なので、疲れにくいというメリットにもなります。

傷については、ケースを着用していれば変わらないです。

まとめ

  • 望遠レンズ
  • バッテリー持続時間
  • ディスプレイ輝度
  • ステンレススチールボディ

以上、iPhone 11 ProからiPhone 12 miniにすることで失ってしまう機能まとめてみました。

とくに目立つのが、「望遠レンズ」「バッテリー持続時間」ですね。

ただ望遠レンズは使わない方も多いですし、バッテリー持続時間も一日中使ったりしなければ十分持つと思います。

逆に広角カメラの性能が上がったり、iPhone 12 Proと同じ「A14 Bionicチップ」が搭載されていたりと、メリットもたくさんありますよ!

またiPhone 11 Proからだと落ちてしまう機能もありますが、iPhone XSやiPhone Xからの買い替えだと、バッテリー持続時間も伸びます。

Apple製品お得に購入