\ 今だけポイント最大10倍! /

【注意】「iPhoneXS」に「iPhone X用ケース」は使える?対応してない可能性も

「iPhone XS」は「iPhoneX」と形状がほとんど一緒なので、ケースもそのまま流用できると思いますが、実は使えないケースも多くあるんです。

今回は「iPhone X用のケース」で使えるものと使えないもの。
これから「iPhoneXS」に装着させるケースを買われる場合の注意点をまとめてみました!

目次

「iPhoneXS」に「iPhone X用のケース」が使えないものがある理由

①「iPhoneXS」はカメラのサイズ・位置がわずかに違う

iPhone XS対応ケース


iPhone X用ケース

「iPhone X」と「iPhone XS」は本体サイズ、厚さはまったく一緒なのですが、カメラの大きさと位置に若干の違いがあります。

「iPhone XS」のほうがほんの僅かに大きくなり、位置も異なるため、カメラを囲う部分が小さいケースの場合は、カメラとケースが干渉してしまい装着できない可能性があります。

実際に僕が「iPhone X」で使用していたケースを「iPhone XS」に装着したところ、装着はできたのですが、カメラの右下側が若干干渉しています。

カメラの開口部が広めで余裕のある大きさのケースなら問題なく装着できる可能性が高いです。

②スピーカー・マイク穴の数、位置が違う


Lightning端子の両サイドにスピーカー穴とマイク穴がありますが、「iPhone X」とiPhone XS」では数と位置に違いがあります。

左側のマイク穴は、穴の数が減っていて、右側の穴は位置に若干のずれがあります。

そのため、本体の穴1つ1つピッタリに開けられたケースの場合、装着させると穴を蓋がれてしまう恐れがあります。

全ての穴が繋がるように大きく開けられているケースでは問題ないと思います。

③手帳型ケースのオートスリープが機能しない可能性大


手帳型ケースでオートスリープに対応したケースもありますよね。

ケースの蓋部分にマグネットが備わり、カバーを開けるとスリープ解除、閉めるとスリープになり画面が消える機能です。

ところが、「iPhone X」と「iPhone XS」では本体内の磁器センサーの位置が変わってしまったため、iPhone X用のケースを「iPhone XS」で使おうとしても、オートスリープ機能が働かなくなる可能性が高いんです。

手帳型ケースの場合は要注意ですね。

「iPhone XS対応」と表記されているケースを選ぼう


「iPhone XS」発売以前から販売されているケースは、「iPhone X」専用に作られたケースです。

カメラ用の開口部が小さめのケースは、カメラが干渉してしまう可能性があります。

これから「iPhone XS」のケースを買われる場合は、「iPhone XS対応」「iPhone 2018対応」の表記がしっかりあるケースを選びましょう。

一番安心なのは、Apple純正の「iPhone XS専用ケース」ですね。

「iPhone X用」と「iPhone XS用」で分けられて販売されているので、それぞれの本体に合うように設計されています。

少しお値段は張りますが、相性が悪くて何度も買い直すよりも安上がりです。

あわせて読みたい
【レビュー】iPhone XS用ケース「GHOSTEK Cloak 4」オシャレでスリムな耐衝撃ケース GHOSTEK社から人気のケース「Cloak」シリーズの新作「GHOSTEK Cloak 4」が発売されました。 予約していた品がようやく届いたのででレビューしたいと思います! 【「GHOS...
SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次