【必見】AmazonでApple製品をお得に購入する方法 >>

Kickflipの外し方を解説!痕や傷は残らないか検証

目次

KickflipはMacBookやノートパソコンの使いやすさを向上させるアイテム

先日、MacBook使用時の使いやすさを大幅に向上させるアイテム「Kickflip」を購入し、レビューしました!

MacBookの背面に貼り付けて、作業時にこのスタンドを開くことで、ディスプレイの視点が高くなって見やすくなったり、キーボードにちょうどいい傾斜がつき、快適に作業ができるようになる優れ物です。

簡単に外せると書いてあるけど、本当に痕は残らないのか検証してみた

商品の紹介には、簡単に剥がして、付け直したりと、自由に貼り直しができると書いてあります。

しかし結構強力にくっついているので、「本当に簡単に剥がせる?」「本当に痕は残らないの?」とちょっと心配になりました。

ウサノケン
そこで、本当に自由に貼り直しができるのかどうか実際に試してみます!

Kickflipの剥がした方・外し方

剥がし方は簡単で、端のほうに爪を入れ、ぐっと力を入れて持ち上げます。

あまり勢いを入れて剥がすと、破損してしまう恐れもあるので、ゆっくり少しずつがポイントです。

簡単&綺麗に剥がせた!痕もまったく残ってない

無事に剥がせました。

そして公式ページに書かれていた通り、MacBookのほうも粘着剤が残ってません!

またキックフリップの粘着部分も綺麗な状態をキープ!

こういうのって、剥がすとぐちゃぐちゃになって再利用できないものも多いですが、感動するくらい綺麗なまま残ってます。

貼り直すときもそのまま使えます。

傷もなかったけど、使用期間によってはつくかも?

今回、そこまで長く使ってないので一切傷もついてませんでした。

ただし、キックフリップとMacBookの間にゴミがついたりして、擦り傷がつく可能性はあるかもしれません。

まとめ

  • 簡単に剥がせて、痕も残らなかった
  • キックフリップの本体の粘着剤も大丈夫

結構しっかりした粘着剤だったので、痕が残らないか心配でしたが、試してみたまったく問題なく剥がすことができました!

ただ今回はそこまで長く使ってない状態で剥がしたので、1年など長い期間使用した状態だと結果は変わってくる可能性はあります。

あわせて読みたい
【レビュー】「キックフリップ」MacBook使用時の疲労が本当に減るのか検証! 【MacBookで長時間作業すると疲れやすい?その原因は】 僕はMacBookを単体で使ったり、外付けディスプレイに繋いでクラムシェルで使用したりと、シーンに応じて使い分け...
SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる