\ Amazonお得なタイムセール会場をチェック /

【実機比較】「Kindle」「Paperwhite」どちらがおすすめ?選び方を完全解説!

Kindle端末が欲しいけど、「Kindle」と「Kindle Paperwhite」で迷う…

お手頃価格の「Kindle」と、防水機能など豊富な機能のある「Kindle Paperwhite」

どちらのKindleも魅力的ですよね。

編集長

僕も初めてのKindleを買うときは散々迷いました…

この記事ではKindle端末マニアでどちらも所有している僕が、どちらのKindleがおすすめなのか、実機を比較しながら解説していきます。読んでいただけた方に最適なKindle選びができれば幸いです。

この記事でわかること
  • 「Kindle」と「Kindle Paperwhite」の特徴、違い
  • 実機を使った比較レビュー
  • 「Kindle」と「Kindle Paperwhite」それぞれのメリット・デメリット
  • 「Kindle」と「Kindle Paperwhite」どちらがおすすめ?

↓先に結果も書いておきます↓

「Kindle」がおすすめの方
「Kindle Paperwhite」がおすすめの方
  • 購入代金を安く抑えたい
  • 小説など活字の本がほとんど
  • 小型な形状がいい
  • フォントが綺麗で読みやすいほうがいい
  • 漫画を快適に読みたい
  • お風呂や水でかかる場所で使いたい
目次

Kindle(第10世代)の簡単な特徴

  • 8,980円から買える、最も安いKindle端末
  • 新モデルでは「フロントライト」が搭載し、他モデル同様に暗い場所で読書できる
  • 「ホワイト」の本体カラーも選べる

8,980円からと、お手頃価格で購入できるエントリーモデルのKindle。

従来はフロントライトが搭載されていませんでしたが、このモデルでは搭載され、暗い場所でも読書ができるようになりました。

Kindle Paperwhiteと比べ、性能・機能は劣るものの、読書をするのに必要最低限の機能は搭載されているので、気軽に試してみたい方にも最適です。

Kindle Paperwhite(第11世代)の簡単な特徴

  • 価格と性能のバランスの取れた、ミドルクラスのKindle端末
  • 価格は14,980円から
  • 色調調節ライト搭載で、アンバーな暖色にできる
  • 防水対応で、お風呂や水のかかる場所でも読書可能
  • Kindleデバイス初の「USB-C」端子採用
  • ワイヤレス充電、明るさ自動調節機能、容量32GBな「シグニチャー エディション」も選べる

ミドルレンジモデルですが、ハイエンドモデルのKindle Oasisに匹敵する性能、機能を持っているKindle Paperwhite。

Kindleデバイスで唯一「USB-C」を採用したり、色調調節ライトや、防水機能など、読書に快適な装備が充実しています。

さらにワイヤレス充電、明るさ自動調節機能、容量32GBを搭載した「シグニチャー エディション」というプレミアムモデルも選べるようになりました。

Kindle Paperwhite(第11世代)、Kindle(第10世代)を比較レビュー

Kindle Paperwhite(第11世代)とKindle(第10世代)
左:Kindle(第10世代) / 右:Kindle Paperwhite(第11世代)

性能・機能の比較表

スクロールできます
Kindle
第10世代
Kindle Paperwhite
第11世代
Kindle Paperwhite
シグニチャー エディション
本体サイズ160 x 113 x 8.7mm174 x 125 x 8.1mm174 x 125 x 8.1mm
画面サイズ6インチ6.8インチ6.8インチ
解像度167ppi300ppi300ppi
フロントライトLED 4個LED 17個LED 17個
フラットベゼル
色調調節ライト
明るさ自動調整機能
容量8GB8GB32GB
充電端子micro USBUSB-CUSB-C
防水機能
ワイヤレス充電対応
価格 (税込)8,980円
10,980円(広告なし)
14,980円
16,980円(広告なし)
19,980円(広告なし)

デザイン、サイズ感

Kindle Paperwhite(第11世代)とKindle(第10世代)
左:Kindle(第10世代) / 右:Kindle Paperwhite(第11世代)
Kindle Paperwhite(第11世代)とKindle(第10世代)
左:Kindle(第10世代) / 右:Kindle Paperwhite(第11世代)

新型Kindle Paperwhiteは、画面のベゼルが細くなり、スッキリしたデザインに。

また画面サイズは0.8インチの差しかないももの、並べてみると数字以上に大きい印象。

Kindle Paperwhite(第11世代)とKindle(第10世代)

重ねてみると、サイズが一回り違うのがわかります。

本体の材質の違いと、持ちやすさ

Kindle(第10世代)
Kindle(第10世代)

本体の材質にも違いがあります。

Kindleはサラサラなプラスチックで作られていて、裸の状態だと結構滑りやすい。

Kindle(第10世代)
Kindle(第10世代)

Kindleのほうが幅が小さくて、手の収まりはいいです。

しかしサラサラとした材質の本体なので気を使いながら持たないといけません。

編集長

想像以上に滑るので、ケースやスマホリングは必須…

Kindle Paperwhite(第11世代)
Kindle Paperwhite(第11世代)

Paperwhiteは、ゴムのようなマットなコーティングが施されています。

Kindle Paperwhite(第11世代)
Kindle Paperwhite(第11世代)

Kindle Paperwhiteは一回り大きいですが、滑りにくいマットコーティングのおかげで、意外とこちらのほうが安定して持ちやすいと感じました。

重さの比較

Kindle(第10世代) 重量
Kindle(第10世代)
Kindle Paperwhite(第11世代) 重量
Kindle Paperwhite シグニチャー エディション

重さは、Kindleが「170g」、Kindle Paperwhite シグニチャー エディションが「207g」でした。(※シグニチャー エディションじゃないモデルは205g)

ほんの少し重くなったかな?という感じで、個人的にはそこまで重くなったようには感じませんでした。

Kindle Paperwhiteは、フラットベゼル

Kindle Paperwhite(第11世代)とKindle(第10世代)
左:Kindle(第10世代) / 右:Kindle Paperwhite(第11世代)

デザインで大きく異なるのは、ディスプレイの「フラットベゼル」です。

Kindle(第10世代)
Kindle(第10世代)

フラットベゼルではないKindleを見ると、ディスプレイとベゼルが段になっていてます。

埃やゴミが入り込んで掃除するのが大変なんですよね…

Kindle Paperwhite(第11世代) フラットベゼル
Kindle Paperwhite(第11世代)

Kindle Paperwhiteは、ディスプレイとベゼルが一体型で、スマートフォンやタブレットのように、一枚の板のようなデザインに。

埃やゴミの心配がいらないのと、圧倒的にフラットベゼルのほうが美しい!

ディスプレイサイズが大きい「Kindle Paperwhite」。漫画が読みやすい

Kindle Paperwhite(第11世代)とKindle(第10世代) 漫画 比較
左:Kindle(第10世代) / 右:Kindle Paperwhite(第11世代)
Kindle
第10世代
Kindle Paperwhite
第11世代
6インチ6.8インチ

活字の本であれば、自由に文字サイズを変更できるので、画面サイズが小さくても問題ありません。

ただし漫画は小さい画面だと読みにくいです。0.8インチ大きなKindle Paperwhiteのほうがセリフも読みやすい。

著作権の為、漫画の内容はぼかしています。

Kindle Paperwhite(第11世代) 漫画 単行本
Kindle Paperwhite(第11世代)

Kindle Paperwhiteでも、単行本よりもまだ小さいのですが、Kindleと比べると断然読みやすいと感じます。

解像度が異なり、文字のくっきりさが全然違う

Kindle Paperwhite(第11世代)とKindle(第10世代) 解像度
左:Kindle(第10世代) / 右:Kindle Paperwhite(第11世代)
Kindle
第10世代
Kindle Paperwhite
第11世代
167ppi300ppi

ディスプレイのドットの数が、Kindle Paperwhiteのほうが多く、文字がくっきりとキレイになります。

比べてみると、一目瞭然!

Kindle(第10世代) 解像度
Kindle(第10世代)

Kindle(第10世代)は、よく見ると、文字がギザギザで荒い表示。

とくに小さな読み仮名が読みづらいです。

Kindle Paperwhite(第11世代) 解像度
Kindle Paperwhite(第11世代)

一方、Kindle Paperwhiteの文字は、ギザギザ感がなく、滑らかで美しい…!

読み仮名もくっきりと表示されるので、読みやすいです。

色調調節ライトは、電球色の環境でも見やすい

Kindle Paperwhite(第11世代) 色調調節ライト
左:Kindle(第10世代) / 右:Kindle Paperwhite(第11世代)
Kindle
第10世代
Kindle Paperwhite
第11世代

Kindle Paperwhiteには、「色調調節ライト」が搭載。

スクリーンの色調を、明るいホワイトから暖かみのあるアンバーな色へ調節できます。

最大まで暖色に調整したものと、色調調節のないKindleと並べて比較してみましたが、全然色が違いますね!

Kindle Paperwhite(第11世代) 色調調節ライト
Kindle Paperwhite(第11世代)

色調は、手動で好きなレベルに調整もできますし、スケジュール設定で就寝前の時間になると暖かいアンバーな色に自動で調整させたりも可能です。

編集長

実際に使ってみると、少し暖色を加えたほうが、目が疲れにくくなったように感じました。

処理速度、反応速度を検証

続いて処理速度を比較検証。

まずは漫画のページ切り替え速度を比較しましたが、多少Kindle Paperwhiteのほうが反応がいいような感じがします。

続いて、本を開いて、閉じるまでの速度を比較。

こちらは圧倒的にKindle Paperwhiteのほうが早い結果になりました。

Kindle Paperwhite 第11世代では、前モデルよりも20%ページ送りが高速と謳われているので、その効果もありそうです。

編集長

使っていてストレスを感じにくい!

防水機能の有無

Kindle Paperwhite(第11世代) 防水
Kindle Paperwhite(第11世代)
Kindle
第10世代
Kindle Paperwhite
第11世代

Kindle Paperwhiteは防水機能があるので、お風呂でも使えます。

湯船に浸かりながらゆっくり読書したい場合は、Paperwhiteがおすすめです。

編集長

半身浴をしながら読書をするのが僕の至福の時間

充電端子の違い

Kindle Paperwhite(第11世代)とKindle(第10世代) 充電端子
左:Kindle(第10世代) / 右:Kindle Paperwhite(第11世代)
Kindle
第10世代
Kindle Paperwhite
第11世代
micro USBUSB-C

Kindle Paperwhite 第11世代は、Kindle史上初の「USB-C」端子を採用。

最近はUSB-Cポートを採用するデバイスも多く、充電器を使い回しやすいです。

Kindle Paperwhite シグニチャー エディションのみの機能

明るさ自動調整

Kindle Paperwhite シグニチャー エディション

シグニチャー エディションには、テレビやスマートフォンにも搭載されている「明るさ自動調整機能」が搭載。

使用する環境の明るさに合わせて、Kindleのディスプレイの明るさが自動で調整される機能です。

反応はやや鈍めで、瞬時に調整されるわけではありませんが、少し待つとじわじわと明るさが環境光に合わせて変わっていきます。

もう少し機敏に反応してくれると嬉しいですが、待っていれば調整されるので、ないよりはあったほうが快適でした。

ワイヤレス充電に対応

Kindle Paperwhite(第11世代) シグニチャー エディション ワイヤレス充電スタンド
Kindle Paperwhite シグニチャー エディション

シグニチャー エディションのみ、ワイヤレス充電に対応。

専用のワイヤレス充電器も販売されていますが、スマートフォン用の汎用のワイヤレス充電器でも充電できます。

ケーブルを繋がなくても置くだけで充電できるので、充電頻度が高い方には便利です。

汎用のワイヤレス充電器の場合は、正常に充電ができる位置に合わせて置く必要がありますが、専用の純正ワイヤレス充電スタンドだと、立てかけるように置くだけで充電ができるので、位置合わせの手間不要でとても簡単!

容量が32GB。本をたくさんダウンロードできる

Kindle
第10世代
Kindle Paperwhite
第11世代
Kindle Paperwhite
シグニチャー エディション
8GB8GB32GB

シグニチャー エディションは、ストレージ容量が4倍の32GBもあるので、たくさんの本を本体内にダウンロードしておけます。

活字の本のデータ数は小さいので、8GBでもそんなに問題はありませんが、漫画はあっという間に埋まります。

漫画をたくさん読まれる方は、32GBのシグニチャー エディションも検討してみてはいかがでしょうか。

一度購入した電子書籍は、削除しても何回でも再ダウンロードできます。
読みたい本だけを本体内にダウンロードして、読み終えた本のデータを本体から削除するやり方をすれば、8GBでもそこまで困ることはありません。

使ってわかった、「Kindle」のメリット・デメリット

【メリット①】気軽に試せる本体価格。差額で本を買うのもあり

エントリーモデルKindleにもフロントライトが搭載され、不自由なく使えるようになりました。これが10,000円以下で購入できるのは驚きです。

Kindle Paperwhiteとの差額は6,000円ほどなので、そこまで機能が必要ない方であれば、その差額分を電子書籍代にあてるのもいいと思います!

【メリット②】活字の本なら、Kindleでも十分

画面サイズは小さいですが、活字の本であれば、読みやすいように自由に文字サイズを調整できるので、困ることはほぼありません。

【デメリット①】フォントが荒い・漫画が読みにくい

読めないということではありませんが、Kindle Paperwhiteと比べると、文字がギザギザであまり綺麗ではありません。

また画面が小さいことも合わさって、漫画が他モデルと比べると、ちょっと読みにくい。

漫画のセリフの文字サイズは調整できないので、漫画をよく読む方は、Kindle Paperwhiteのほうが快適に読めます。

【デメリット②】本体が滑りやすく、ケースが必須

本体がサラサラした材質なので、本体がツルッと滑り落ちやすいのがネック。

カバー、ケースを装着すれば問題ないです。

編集長

「普段はスマートフォンやタブレットで読んでるけど目の疲れを感じる」「電子書籍リーダーを試してみたい」って方にうってつけのKindleではないでしょうか!

「Kindle」がおすすめの方
  • 購入代金を安く抑えたい
  • 小説など活字の本がほとんど
  • 小型な形状がいい

使ってわかった、「Kindle Paperwhite」のメリット・デメリット

【メリット①】活字の本も、漫画も読みやすい

解像度の高いディスプレイなので、文字も滑らかで美しく、漫画の細かなセリフも読みやすいです。

【メリット②】やっぱりお風呂で読めるのは正義

やっぱり防水で、お風呂で読書ができるのは大正義です。

湯船に浸かりながら、ゆっくりリラックスしてできる読書は最高のひと言!

【デメリット①】サイズがやや大きい

前モデルのKindle Paperwhiteよりも大きくなって、やや持ちにくくなりました。

ただ本体がマット素材なので、個人的には滑りやすいKindleよりも持ちやすかったです。

編集長

「漫画を読みたい」「お風呂でも読みたい」方は、Kindle Paperwhiteを強くおすすめします!

「Kindle Paperwhite」がおすすめの方
  • フォントが綺麗で読みやすいほうがいい
  • 漫画を快適に読みたい
  • お風呂や水でかかる場所で使いたい

まとめ

「Kindle」がおすすめの方
「Kindle Paperwhite」がおすすめの方
  • 購入代金を安く抑えたい
  • 小説など活字の本がほとんど
  • 小型な形状がいい
  • フォントが綺麗で読みやすいほうがいい
  • 漫画を快適に読みたい
  • お風呂や水でかかる場所で使いたい

どちらもKindleも非常に魅力的でしたが、使用用途に合わせて選ぶと、自分に合ったKindleが見つかります。

僕は、漫画を読んだり、お風呂でも使いたいので、「Kindle Paperwhite」のほうが気にっています!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次