\ 【最大50%OFF】Kindle本読書の秋キャンペーン【10/30】まで /

新型「Kindle (第11世代)」が登場!旧型との違いまとめ

一番リーズナブルなKindle端末の「Kindle」に、新型の「Kindle (第11世代)」が登場しました!

Kindle端末マニアの僕が、新型Kindleの違いをまとめてみましたので紹介します。

目次

新型「Kindle 第11世代」と旧型「Kindle 第10世代」を比較

Kindle
第11世代
Kindle
第10世代
画面サイズ6インチ6インチ
解像度300ppi167ppi
フロントライトLED 4個LED 4個
フラットベゼル
色調調節ライト
明るさ自動調整機能
容量16GB8GB
充電端子USB-Cmicro USB
防水機能
ワイヤレス充電対応
本体サイズ157.8 x 108.6 x 8.0mm160 x 113 x 8.7mm
重量158g174g
本体カラーブラック
デニム
ブラック
価格10,980円(広告あり)
12,980円(広告なし)
8,980円(広告あり)
10,980円(広告なし)

新型「Kindle 第11世代」と旧型「Kindle 第10世代」の比較表を作りました。

比較して、変わった部分、進化した部分を赤文字にしています。

【違い1】300ppiの高解像度になり、文字と画像をくっきり表示

左:Kindle(第10世代) / 右:Kindle Paperwhite(第11世代)

画面サイズは6インチで、前モデルから変わっていませんが、解像度が高くなりました。

新型Kindleは「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」と同じ300ppiに上がり、文字や画像がくっきりと高画質で表示ができるように。

こちらの写真は、167ppiの旧型「Kindle (第10世代)」と、300ppiの「Kindle Paperwhite (第11世代)」を並べて表示させたときの写真。

左側のKindleでは、文字がギザギザして読みがなも読みにくいのですが、右側のPaperwhiteでは、文字が滑なかでくっきりと表示されているのがわかります。

キンドルマニア

今回の新型Kindle (第11世代)でも、Paperwhiteと同等の綺麗な表示が可能になります!

【違い2】色調調節に対応

左:Kindle(第10世代) / 右:Kindle Paperwhite(第11世代)

「Kindle Paperwhite」と「Kindle Oasis」にしか搭載されていなかった「色調調節ライト」がKindleにも搭載。

色調調整ライトとは、スクリーンの色調を、明るいホワイトから暖かみのあるアンバーな色へ調節できる機能です。

こちらもKindleと、この機能に対応しているKindle Paperwhiteで比べてみましたが、色調調節のないKindleと並べて比較してみましたが、全然色が違いますね!

キンドルマニア

実際に使ってみると、少し暖色を加えたほうが、目が疲れにくくなったように感じます。

【違い3】充電端子がUSB Type-Cに変更

左:Kindle(第10世代) / 右:Kindle Paperwhite(第11世代)

micro USBだったUSB端子が、「USB-C」に変更になりました。

最近はUSB-Cの機器も増えてきたので、他の機器と充電器やケーブルを共有させて使うときに非常に便利!

【違い4】容量が16GBに増えた

本の種類8GB16GB
書籍約960冊約1920冊
漫画約110冊約220冊
雑誌約44冊約88冊
何冊保存できるかの目安

本体のストレージ容量が8GBから16GBに増えました。

これにより、2倍近くの本を保存できるように。

表の数字はあくまで目安です。本によって容量は異なるので、人により保存できる冊数が変わります。

【違い5】本体が小型&軽量化

Kindle
第11世代
Kindle
第10世代
本体サイズ157.8 x 108.6 x 8.0mm160 x 113 x 8.7mm
重量158g174g

本体が小型化され、並びに重量も少し軽くなっています。

軽い方が長時間の読書で腕が疲れにくくなるメリットがあります。

【違い6】本体カラーで「デニム」が選べるように

本体のカラーに、「ブラック」だけでなく「デニム」という青色のカラーが選べるようになりました。

濃いめのブルーで、落ち着いた雰囲気もあり、個人的にはとても好みです。

【違い7】価格が少し値上がり

全体的に性能が向上しているので、価格が2000円ほど上がりました。

それでもKindleデバイスの中では最安値のモデルですが、「Kindle Paperwhite」が14,980円〜なので、「大画面」「防水対応」に魅力感じる方はPaperwhiteを選ぶのもおすすめです。

キンドルマニア

ちなみに新型Kindleの発表と同時期に、Kindle Paperwhiteでも16GBモデルが選べるようになりました。

まとめ

  1. 300ppiの高解像度になり、文字と画像をくっきり表示
  2. 色調調節に対応
  3. 充電端子がUSB Type-Cに変更
  4. 容量が16GBに増えた
  5. 本体が小型&軽量化
  6. 本体カラーに「デニム」が選べるように
  7. 価格が少し値上がり

以上、新型Kindle (第11世代)の特徴や、前モデルからの違いをまとめてみました!

個人的には、解像度がKindle Paperwhite、Kindle Oasisと同じ「300ppi」になったのはとても魅力的に感じました。

これまでのKindleは解像度が低く、文字がギザギザで、とくに読み仮名の表示が読みづらかったので、主に活字の本を読む方にかなりおすすめできるモデルになったと思います。

他のモデルよりも画面サイズが小さいので漫画はまだあまり向いていないかもしれませんが、前モデルと比べれば確実に読みやすくなっているはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kindle端末マニアの30代。Kindle端末が好きすぎて現行モデル全機種コンプリート。
このブログではKindle端末についてとことん追求していきます!

目次