\ 【最大50%OFF】Kindle本読書の秋キャンペーン【10/30】まで /

【比較】Kindle端末とiPad mini、電子書籍が読みやすいのはどっち?

Kindle端末」が大好きな筆者ですが、「iPad mini」も愛用しています。

そしてどちらからも電子書籍を利用することもありますが、どっちが電子書籍が読みやすいのか、気になる方も多いと思います。

キンドルマニア

この記事では「Kindle Oasis」と「iPad mini (第6世代)」、どちらが電気書籍が読みやすくておすすめなのか比較してみました!

目次

「Kindle Oasis 第10世代」と「iPad mini 第6世代」を比較

サイズ感・重さを比較

Kindle Oasis / iPad mini

kindle端末最高峰モデルの「Kindle Oasis 第10世代」と「iPad mini 第6世代」を比較していきます!

どちらも金属製のボディで、高級感がありますね。

Kindle Oasis
iPad mini

重さは結構違います。

iPad miniが「323g」に対し、Kindle Oasisは「187g」と、とても軽量!

キンドルマニア

長時間の読書でも、腕が疲れにくいメリットがあります。

セルラーモデルの有無や、フィルムを貼っているため、メーカー公表値と多少の誤差はあります。

持ちやすいさは圧倒的に「Kindle Oasis」

持ちやすさは、圧倒的にKindle Oasisが優れています。

Kindle Oasisは、人間工学に基づいた形状で、掴みやすいように持ち手部分が太くなっています。

手にフィットするので、本当に持ちやすいです。

またページめくり用のボタンがあるので、画面をタップしたりスワイプしなくても、簡単にページをめくれます。

「iPad mini」はiPadの中でも最軽量・コンパクトですが、Kindle端末と比べると大きいですし、ちょっと重く感じてしまいます。

Kindleは目に優しいディスプレイ

Kindleの最大の特徴は、紙に近い表示ができる「E-Inkディスプレイ」を搭載していること。

電子書籍なのに紙のような読み心地ができ、さらに目にも優しいので、読書好きな人にかなりおすすめな端末です。

また画面を照らすライトにも、目に負担をかけにくい「フロントライト」を採用。画面の奥から明かりを照らすのではなく、手前側から照らすため、暗い場所でも目が疲れにくい工夫がされています。

キンドルマニア

長時間読書をすると、明らかにKindle端末のほうが目が疲れにくいです!

小説など活字の本はKindle Oasisが読みやすい

Kindle Oasis / iPad mini
Kindle Oasis / iPad mini
Kindle OasisiPad mini
画面サイズ7インチ8.3インチ

画面サイズはOasisが「7インチ」、iPad miniが「8.3インチ」で、1.3インチの差があります。

活字の本はどちらも普通に読めますが、

  • 端末がコンパクトで軽い
  • 文字のサイズを自由に調整できる
  • 目に優しいディスプレイ

こちらの理由により、Kindle Oasisのほうが読みやすいと感じました!

軽くて手が疲れにくいだけでなく、「E-Inkディスプレイ」で目にも優しいので、長時間の読書でも快適です。

漫画はiPad miniのほうが読みやすい

漫画は、単行本サイズとほとんど同じ「iPad mini」のほうが読みやすいです!

単行本と並べてみると、Kindle Oasisは単行本よりも小さいです。

Kindle Oasis / iPad mini

Kindle Oasisのほうが小さい表示になりますが、比べるとiPad miniのほうが読みやすいというだけで、読めないことはまったくありません。

Kindle Oasis / iPad mini

あとKindleはコントラスト比が少し低いため、本によっては線や文字が少し薄くなってしまうことがありました。

iPad miniのほうが線が濃く表示されるので、どの本でも快適です。

Kindle Oasis / iPad mini

見開き用のページは、どちらも端末を横にして表示させることができます。

iPad miniの画面はカラーなので、雑誌なども読みやすい

iPad mini

Kindleは白黒ですが、iPad miniはカラーなので、雑誌などの本も楽しめます。

ややiPad miniの画面サイズでも、雑誌の表示は小さくは感じますが、細かい部分だけ拡大しながらであれば全然読めます。

キンドルマニア

カラーで描かれた漫画などでも効果を発揮します!

Kindleは防水対応で、お風呂などでも読書できる

Kindle Oasis

「Kindle Oasis」「Kindle Paperwhite」は、防水対応なので、お風呂など水がかかる場所でも読書ができます。

またタッチパネルに水がつくと、ページめくり時の反応が悪くなってしまいますが、物理ボタンがあるので、画面が濡れてしまっても大丈夫。

キンドルマニア

お風呂にゆっくり浸かりながらの読書は、体も心もリフレッシュできます!

エントリーモデルのKindleは防水非対応なので注意です。

iPad miniは、Kindle以外の電子書籍サービスも利用可能

Kindle端末はKindleサービス上の電子書籍しか読めませんが、iPad miniなら他の電子書籍サービスのアプリをインストールすることで読めます。

キンドルマニア

dマガジンなどの雑誌サービスも利用できるのは大きい!

iPadのほうが色々できるけど、読書しかできないKindleのほうが集中して読める

iPad miniのほうが色々できますが、逆に読書しかできないKindleのほうが、メールやネットも気にならなくて、読書に集中できます。

キンドルマニア

iPad miniは、ネットが気になっちゃって集中しにくい…

Kindleにも一応、Webブラウザ機能はありますが、動作が遅くあまり使い物になりませんでした…

Kindleのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 目に優しいディスプレイで疲れにくい
  • 軽くて腕が疲れにくい
  • 防水対応でお風呂で読書できる
  • iPadよりも価格がかなり安い
  • 読書しかできないので集中できる
  • 物理ボタンで簡単ページめくり(Oasisのみ)
  • 動作がやや遅い
  • 漫画はちょっと表示が小さい

Kindleはやはり「電子ペーパー」なので、目に優しく、快適に読書ができるのがメリットです。

デメリットとしては、動作がやや遅いことです。読書中はそこまで気になりませんが、読みたい本を選ぶメニュー画面ではちょっと遅く感じてしまいます。

キンドルマニア

活字の本を読むのが多い方は、Kindleがおすすめです!

Amazon
¥29,980 (2022/09/25 18:14時点 | Amazon調べ)

iPad miniのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 漫画が単行本サイズで、コントラスト比も高くて読みやすい
  • 動作がサクサク
  • Kindle以外の電子書籍サービスも利用できる
  • ブラウザやゲームなど何でもできる
  • 価格が高い
  • Kindleと比べると、目に優しくない
  • 防水に非対応

iPadは、マンガの単行本とほぼ同じサイズなので、漫画がかなり読みやすいです。

電子ペーパーではなく、Kindleと比べると目に優しいとは言えませんが、カラーの本や雑誌など、多ジャンルの本が読めます。

デメリットは、価格が高く、Kindleが数台変えてしまうことです。

キンドルマニア

読書だけでなく、動画を見たりゲームなど、何でもできちゃう万能なデバイス!

Apple(アップル)
¥69,100 (2022/09/27 15:40時点 | Amazon調べ)

【まとめ】どっちがおすすめ?

Kindle Oasisが
おすすめの方
iPad miniが
おすすめの方
  • 目に優しいのがいい
  • 漫画より活字の本を読むことが多い
  • お風呂で読書したい
  • 漫画を読むことが多い
  • カラーの本や雑誌も読みたい
  • Kindle以外のサービスも利用したい

どちらも実際に使用して、どちらが電子書籍に向いているのか比較してみました。

結果としては、本によって読みやすさが変わるので、自分の読む本に合わせて選ぶといいと思います。

活字の本が主で、目が疲れにくいのがいい方は「Kindle」、漫画や雑誌も楽しみたい方は「iPad mini」がおすすめです!

Amazon
¥29,980 (2022/09/25 18:14時点 | Amazon調べ)
Apple(アップル)
¥69,100 (2022/09/27 15:40時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kindle端末マニアの30代。Kindle端末が好きすぎて現行モデル全機種コンプリート。
このブログではKindle端末についてとことん追求していきます!

目次