【必見】Amazonで超お得に購入する方法!

【iPad】Magic Keyboardは11インチと12.9インチ用どちらが使いやすい?実際に使い比べてみた

iPadをMacBookやパソコンに近付けるアイテム「Magic Keyboard」

少し値は張りますが、キーボードとトラックパッドが搭載されていて、パソコンライクな作業がiPadでもできるようになる優れもの。

そしてMagic Keyboardには、「11インチ用」と「12.9インチ用」の2つのサイズがあり、サイズによってキーボードのサイズやトラックパッドのサイズも異なるんです。

ウサノケンタ

実際にどちらも使ってみて、どちらが使いやすいのか検証してみました!

Magic Keyboardは、「11インチ用」と「12.9インチ用」で操作性が変わる

①文字キーのサイズが若干異なる

文字キーのサイズが少し違います。

11インチ用Magic Keyboard(15.5mm)
12.9インチ用Magic Keyboard(16.5mm)
Mac用Magic Keyboard(15.9mm)

ノギスで測ったところ、11インチ用が一番小さくて、12.9インチ用はMac用Magic Keyboardよりも大きいサイズのキーでした。(※多少の誤差はご了承ください)

ちなみに12.9インチ用Magic Keyboardと、Mac用のMagic Keyboardは、キーボード全体の横幅が同じくらいです。

②11インチ用は記号のキーが半分くらいのサイズ

11インチ用は、コンパクトなサイズでの影響により、左右の記号のキーが極端に小さい設計になっています。

使い続けた今では慣れましたが、購入したばかりの頃はタイプミスしまくりでした…

12.9インチ用は普通のサイズになるので、記号のキーも打ちやすいです。最初から違和感なく使えます。

③トラックパッドも12.9インチ用のほうが少し大きい

トラックパッドのサイズも異なります。

横は同じくらいですが、縦が少しだけ12.9インチのほうが長いです。

僅かな差ではありますが、スクロールなど大きく動かすときに使いやすいと感じました。

使いやすいのは圧倒的に12.9インチ用のMagic Keyboard

11インチ用、12.9インチ用、実際にどちらも使ってみて使いやすいと感じたのは、圧倒的に12.9インチ用のMagic Keyboard!

やはり12.9インチ用のほうが、キーが大きく、記号のキーも小さくないので、MacBookと同じ感覚で快適にタイピングができました。

また僅かですが、トラックパッドのサイズも少し大きいので、大きくカーソルを移動させたいときやスクロールしたいときに、11インチ用よりもスムーズに操作が可能。

あとMagic Keyboardのこととはちょっと違いますが、12.9インチのほうが本体のディスプレイサイズも大きいため、作業効率も高いです。

【注意】12.9インチ用のMagic Keyboardは本体と合わせると、MacBook Airよりも重い

11インチ(1070g)
12.9インチ(1370g)
MacBook Air M1(1283g)

タイピング、トラックパッドともに使いやすいのは、圧倒的に12.9インチ用なのは間違いないです。

ただしサイズが大きく、重量も重いのが難点…

12.9インチ用のMagic Keyboardは、iPad本体と合わせてると、1370gとなり、MacBook Airよりも重いんです。

注意
重さは、ガラスフィルムを含んでいたり、Wi-Fi + Cellularモデルの有無によって、多少異なります。

持ち運びしやすく、外でも使いやすいのは11インチ

11インチ用なら、MacBook Airよりもコンパクトなサイズで、重さも1kgくらいになりますが、それでも12.9インチよりは全然軽い

サイズと重量が許容できれば操作がしやすい12.9インチ用をおすすめできますが、持ち運びが多かったりする場合は11インチ用のほうが使いやすいと思います。

ウサノケンタ

12.9が持ち運べないということはまったくなく、比べると11インチのほうが有利なだけです!

まとめ

  • 12.9インチ用の方がキーボードとトラックパッドが大きく操作しやすい
  • 12.9インチは本体と合わせてMacBook Airよりも重くなる
  • 持ち運びするかしないかで決めるのがおすすめ

操作性だけで言えば12.9インチ用のほうが快適ではありますが、その代わりに重さとサイズが犠牲になってしまうので、外に持ち出すか出さないかで判断したほうがいいと思います。

ウサノケンタ

僕は外に持ち出したり、自宅内での移動も多いので、コンパクトな11インチのほうが気に入っています。