【必見】AmazonでApple製品をかなりお得に購入する方法!

【MagSafe充電器】両面テープで机に貼り付けたら最高に使いやすくなった!

MagSafe充電器、外すときがちょっと面倒

iPhone 12シリーズと一緒に発売された「MagSafe充電器」

「磁力」と「ワイヤレス充電」を組み合わせた製品で、iPhoneの背面にピタッとくっつけるだけで簡単に充電することができる製品です。

実際に使ってみると、確かにLightningケーブルを挿すよりも簡単なのですが、そのままだと、置くだけでいい従来のqi充電器の方が便利なような…

ウサノケンタ

そこで「両面テープ」を利用して、最高に使いやすくする方法を紹介します!

両面テープで固定すると何が便利なのか?

MagSafe充電器の裏側に両面テープを貼ることで、置くだけ充電が可能になり、最高に使いやすくなります。

普通であれば、充電が終わってiPhoneを手に取るときに、MagSafeもiPhoneに一緒にくっついてくるため毎回外さないといけませんが、両面テープで机に固定することで、iPhoneだけを手に取ることができるようになるんです!

使用する両面テープと、貼り方

両面テープは、剥がしたくなったときに剥がれなかったり、机を痛めてしまうのが怖かったので、剥がせるタイプの両面テープを使用。

背面に適当な長さに切って貼り付けます。

僕は1枚で適当に貼っちゃいましたが、十時型などのようにすれば、もっと強力にくっつけられると思います。

あとは机にくっつけるだけ。

剥がせるタイプの両面テープだったので、粘着力が弱くて簡単に剥がれたりしないか心配でしたが、結構しっかりくっついているので、問題なさそうです。

位置ずれ問題のないワイヤレス充電は本当に便利!

充電したいiPhoneを置きます。

しっかり充電されます。

今までのqi充電器とは違い、適正な位置に磁力で誘導されるのでわかりやすい!

そして充電終了時!

両面テープの力でMagSafeは机に固定されたたまま、iPhoneだけを手に取ることができます!

ウサノケンタ

片手で簡単にできるの非常に快適ですよ!

【注意】ケースによっては磁力が弱まる

MagSafeは、iPhoneの本体内に内蔵されているマグネットを利用して取り付けることができる仕組みのため、iPhoneにケースを装着すると磁力弱まってしまい、背面にアクセサリーがうまくくっつかなくなったり、簡単に外れしまったりする恐れがあります。

ただ今回の両面テープを使った置くだけ充電では、磁力が弱まってもそこまで影響ありませんでした。

実際にMagSafe非対応のTPUケースで試してみましたが、多少磁力は弱まるものの、MagSafeのとこまで持っていくとピタッとしっかりくっつきますし、充電も問題ありません。

ただしワイヤレス充電非対応のケースや、厚みのあるケースだと、正常に充電できない恐れもありるので注意です。

磁力を下げたくない場合や、ケース内に磁石が内蔵されている、Apple純正の「シリコンケース」や「レザーケース」といったMagSafeに対応したケースがお勧めです。

まとめ

  • 両面テープで「置くだけ充電」を実現
  • 磁力で位置合わせが簡単。ずれて充電失敗がない

「置くだけ充電できないんじゃ?」と思っていましたが、両面テープで机に固定したら、これまで使っていたqi充電器と同じようにでき、さらに磁力で位置合わせもできるようになって非常に快適です!

また最大15Wの高速ワイヤレス充電に対応(miniは12W)したので、従来のqi充電器と違い、充電速度も有線に近いくらい高速になっているのもいいですね。

【レビュー】「MagSafe充電器」ワイヤレス充電の弱点を改善した充電器!