\ Amazon お得なタイムセール開催中 /

【比較】ダイキン「MCK55Z」「MCK55Y」違いまとめ!おすすめは?

ダイキンの加湿ストリーマ空気清浄機に、新型モデル「MCK55Z」が登場しました。

そこで気になるのは旧型モデルとの違いです。前モデルと見た目は同じですが、少しだけ変わった部分があります。

編集長

この記事では新型モデル「MCK55Z」と、旧型モデル「MCK55Y」の違いをまとめました!

新型モデルの違いまとめ
  • 【違い1】ファンスクロールを除菌する機能が搭載
  • 【違い2】電源コードにL字プラグに変更
目次

ダイキン 加湿空気清浄機「MCK55Z」「MCK55Y」の違いを比較

MCK55Z
2023年モデル
MCK55Y
2022年モデル
空気清浄~25畳(~41m2~25畳(~41m2
加湿プレハブ~14畳(~23m2
木造~8.5畳(~14m2
プレハブ~14畳(~23m2
木造~8.5畳(~14m2
ファンスクロールの除菌機能
電源コードL字プラグストレートプラグ
サイズH700×W270×D270H700×W270×D270
重量9.5kg9.5kg
カラーカームベージュ(MCK55Z-C)
ホワイト(MCK55Z-W)
ブラウン(MCK55Z-T)
カームベージュ(MCK55Y-C)
ホワイト(MCK55Y-W)
ブラウン(MCK55Y-T)
発売2022年10月2021年10月
リンクAmazonAmazon

新型モデル「MCK55Z」と、旧型モデル「MCK55Y」の簡単な比較表です。

変わった箇所を赤文字にしています。

【違い1】ファンスクロールを除菌する機能が搭載

引用元:ダイキン

まず新型モデルで変わったのは、「ファンスクロールの除菌機能」です。

通風経路である「ファンスクロール」にプラズマ放電の一種「ストリーマ」をあてることで、より清潔な空気を送れるようになりました。

編集長

ファンを清潔にすることで、より綺麗な空気が期待できますね!

【違い2】電源コードにL字プラグに変更

引用元:ダイキン

2つ目の変更点は電源コードの「L字プラグ」です。

壁際に設置した際にコンセントからの立ち上がりがなくなるので、足を引っ掛けたりしにくくなり安心して使えるようになりました。

編集長

前モデルでも延長コードなどでL字にすることはできますが、最初からL字なのは便利!

まとめ

新型モデルの違いまとめ
  • 【違い1】ファンスクロールを除菌する機能が搭載
  • 【違い2】電源コードにL字プラグに変更

新型モデル「MCK55Z」と、旧型モデル「MCK55Y」を比較してみました!

見た目は変わりませんが、新型モデル「MCK55Z」のほうが「ファンを清潔にしてくれる機能」と「L字プラグ」が採用されています。

編集長

個人的には、同じくらいの価格で販売されている場合は新型モデルをおすすめしますが、そこまで大きな性能差があるわけではないので、安く購入できる場合は旧型モデルも十分におすすめです!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次