【2020年】iPadの選び方完全ガイド

「MX Keys for Mac」と「MX Keys」の違いまとめ!Macモデルの違いは何?

先日、logicoolのハイエンドマウスの「MX Master 3 for Mac」と「MX Master 3」の違いをまとめましたが、今度はキーボードの「MX Keys for Mac」と「MX Keys」の違いをまとめてみます!

ウサノ
ウサノ

「MX Keys for Mac」はどの辺がMac向けなのかを解説します!

「MX Keys for Mac」と「MX Keys」の違い

価格は「MX Master 3 for Mac」と「MX Master 3」のように、「MX Keys for Mac」も「MX Keys」と同じ¥15,950となります。

①Mac、iPadとマッチする「スペースグレー」カラー

「MX Keys」は「グラファイト」というダークカラーを採用していましたが、「MX Keys for Mac」ではMacやiPad、iPhoneでもお馴染みの「スペースグレー」を採用しました。

これにより「iMac Pro」などと統一感を持たせることが可能です。

②キーが「US配列」&Mac向けの配列に

MX Keys for Mac
MX Keys

「MX Keys」は日本では「JIS配列」のみの販売でしたが、「MX Keys for Mac」では「US配列」を採用。

US配列のみの販売となるので、JIS配列が欲しい場合は「MX Keys」を選んだほうが無難ですが、MacユーザーはUS配列を好む方も多いので嬉しい方も多いのではないでしょうか。

Magic Keyboard (US配列)

またMacに最適な配列となり、「Magic Keyboard」とほとんど同じ配列となっています。

③互換性の違い

対応機種は全てApple製品の、macOS、iPadOS、iOSのみの記載になりました。

実際に「MX Keys for Mac」がWindowsなどの別のOSでも利用できるのかは不明ですが、Apple以外の機器でも使いたい場合は「MX Keys」をおすすめします。

④付属のケーブルが「USB-C to USB-C」に

「MX Master 3」「MX Master 3 for Mac」は、内蔵バッテリーとUSB-Cポートを搭載していて、パソコンや充電ケーブルと接続することで充電できます。

そして付属のケーブルがUSB-C – USB-A」から「USB-C – USB-C」に変更になりました。

ちなみに一緒に登場した「MX Master 3 for Mac」には「Unifyingレシーバー」が付属してこないのですが、「MX Keys for Mac」にはしっかり付属しています。

まとめ

  • Mac、iPadとマッチする「スペースグレー」カラー
  • キーが「US配列」&Mac向けの配列に
  • 互換性の違い
  • 付属のケーブルが「USB-C to USB-C」に

Appleユーザーに嬉しいMac向けモデル「MX Keys for Mac」が登場しました。

大きな違いは、配列とMacにピッタリなカラーになったこと。

ただしUS配列のみとなっているので、JIS配列派の方は「MX Keys」のほうがいいと思います。

Apple製品お得に購入