\ Amazonお得なタイムセール開催中 /

【レビュー】「MX KEYS MINI for Mac」US配列Macユーザーに超おすすめ

Macでは、US配列のキーボードも人気ですが、そんなMacのUS配列ユーザーの方に、とってもおすすめのキーボードがLogicoolから登場しました!

それは「MX KEYS MINI for Mac」というキーボードで、前から販売されている「MX KEYS MINI」のMac向けのモデルです。

編集長

この記事では「MX KEYS MINI for Mac」は何が違うのかと、徹底レビューしていきます!

この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、記事にしております。

目次

「MX KEYS MINI for Mac」が登場!何が違う?

「MX KEYS MINI for Mac」の違いまとめ
  • キーボードは、Mac向けUS配列(英語配列)を採用
  • Mac向けにBluetooth接続を最適化
  • 互換性はApple製品のみで、Windowsなどでは正常に使えない可能性大
  • 付属の充電ケーブルが「USB Type-C to Type-C」に変更
  • ボディカラーは「ペールグレー」のみ
  • 価格は税込15,950円

まずレビューの前に「MX KEYS MINI for Mac」は普通のモデルと何が違うかまとめてみました。

まずキーボードの言語が「日本語」ではなく「英語」になります。またMacに向けた配列になっていて、ほぼUS配列のApple純正キーボードと同じです。

さらにMac向けにBluetoothが最適化されていたり、ボディカラーが「ペールグレー」のみといった違いがあります。

編集長

US配列のMacユーザーの方は、間違いなく「MX KEYS MINI for Mac」のほうがおすすめですね!

「MX KEYS MINI for Mac」レビュー

MX KEYS MINI for Mac

それでは実機を使ってレビューしていきます!

「MX KEYS MINI for Mac」の付属品

MX KEYS MINI for Mac
  • キーボード本体
  • 充電ケーブル
  • 保証書など

付属品はこちらの通りです。

MX KEYS MINI for Mac

充電ケーブルは、両側USB-Cのケーブルになります。

最近はUSB-Cでの機器が増えてきているので、USB-Cのケーブルは嬉しいです。

「MX KEYS MINI for Mac」の外観

MX KEYS MINI for Mac

「MX KEYS MINI for Mac」の外観。

Macモデルでは「ペイルグレー 」の1色のみですが、Mac用のMagic Keyboardに近いカラーになっています。

MX KEYS MINI for Mac

通常のモデルと最も違うのが、キーボードの言語!

通常のモデルは「JIS配列」ですが、Macモデルは「US配列」になります。

さらに普通のUS配列ではなく、US配列のMacとほぼ同じレイアウトにされているので、左下の「fn」キーなどの位置もMac純正品と同じです。

MX KEYS MINI for Mac

裏面を見ると、少し変わった形状。

後ろの部分が出っぱっていますが、恐らく内蔵バッテリーがここに詰められているのかなと思います。

MX KEYS MINI for Mac

この出っ張りは、キーボードに傾斜をつける役割も担っています。

MX KEYS MINI for Mac

後ろ側を見ると、「電源スイッチ」と「充電ポート」

電源スイッチを横にスライドさせると、上にあるLEDが点灯して電源が入ります。

MX KEYS MINI for Mac

重さは501gでした。

Mac用の「Magic Keyboard」が240g程度なので、Magic Keyboardの2倍くらいの重さがあります。

MX KEYS MINI for Mac

Magic Keyboardと並べてみました。

MX KEYS MINI for Mac

重ねてみると、Magic Keyboardよりも一回り大きいサイズです。

MX KEYS MINI for Mac

ペイルグレイーの白っぽい色は、白色のMagic TrackpadやMagic Mouseともマッチします。

丸い窪みがあって打ちやすいキー

MX KEYS MINI for Mac

このキーボードのキーは、指先にフィットするように中央部分が窪んだ形状になっています。

編集長

この形状により、Magic Keyboardよりも位置が把握しやすく、打ち間違えも少ないように感じました!

MX KEYS MINI for Mac

また薄めのキーボードですが、キーストロークがそこそこあります。

意外にも深く押し込めるので、打鍵感はMagic Keyboardよりもしっかりあります。

MX KEYS MINI for Mac

Magic Keyboardと比べてみると、キーの高さが全然違うのがわかります。

好みもあるとは思いますが、僕は「MX KEYS MINI for Mac」のキーのほうが好みです。

カスタマイズ可能なファンクションキー

MX KEYS MINI for Mac

ファンクションキーには、自由にカスタマイズすることができ、自分の使いやすいキーに変更できます。(Macのみ)

キーバックライトの明るさもこのファンクションキーから調整可能です。

マルチペアリング対応で3台まで接続可能

MX KEYS MINI for Mac

3台までのマルチペアリングにも対応しています。

F1〜F3キーが、デバイス切り替えキーになっていて、それぞれの番号にデバイスを登録することで、キーを押すと簡単に使いたい機器へ切り替えることができます。

またBluetoothの他に、別売りのUSBレシーバーの「Logi Bolt」にも対応。

編集長

この「Logi Bolt」を別途購入することで、USBで接続することもできます。

iPad、iPhoneとの相性も抜群

MX KEYS MINI for Mac
iPad miniで使用

コンパクトな形状で、iPadやiPhoneとの相性も抜群です。

iPad・iPhoneで「JIS配列キーボード」を使おうとすると、「US配列キーボード」として認識されてしまい、記号がキーの印字通りに打てません。

US配列キーボードであれば、JIS配列のキーボードとは記号の位置が変わるものの、印字通りで記号が入力できるので、こちらのほうが違和感なく使えます。

Mac用Magic Keyboardなら、iPad/iPhoneでも日本語キーボードとして認識します。

MX KEYS MINI for Mac
iPhoneで使用

もちろんiPhoneでも使えます。

普段持ち歩いているiPhoneと、このキーボードも一緒に持ち歩けば、どこでも文章作成ができるので便利です。

編集長

出張などで、「パソコン持っていくの面倒…」というときはこの組み合わせもいいですね。

バックライト搭載で暗い場所でも使いやすい

MX KEYS MINI for Mac

MX KEYS MINI for Macには「キーバックライト」も搭載。

キーを光らせられるので、暗い環境でもキーを確認しながらタイピングできます。

明るさはファンクションキーから細かく調整することも可能です。

編集長

バックライトを使うとバッテリー持続時間が著しく短くなってしまうので、必要なときだけ光らせるのがいいですね。

バッテリー内蔵で、USB-Cで接続

MX KEYS MINI for Mac

充電は、USB-Cケーブルを繋いで充電します。

ちなみにバッテリーの持続時間は以下になります。

  • バックライトオン:最長10日間
  • バックライトオフ:最長5ヵ月

バックライトを使うと最長10日間ですが、バックライトをオフにすれば最長5ヶ月も持続するので、充電は年に数回するようなイメージでOKです。

「MX KEYS MINI for Mac」を使ってみた感想

【メリット1】打ち心地がとてもいい

MX KEYS MINI for Mac

使って思ったことは、打ち心地がとてもいいことです。

Magic Keyboardよりも深いキーストロークと、丸い窪みのキーのおかげでとてもタイピングがしやすいなと感じました。

編集長

Magic Keyboardもいいキーボードですが、こちらのほうがタイプミスも少なかったです。

【メリット2】iPhone、iPadでも記号が印字通りに打てる

MX KEYS MINI for Mac

iPad・iPhoneのことになりますが、US配列になるので、記号の入力も印字通りのキーで入力できるのはメリットの1つです。

編集長

Mac、iPhone、iPad、すべてでまったく同じ感覚で入力できるのは使いやすいです!

【メリット3】マルチペアリングで、iPhone/iPad/Macをペリアリングしたら便利だった

MX KEYS MINI for Mac

これまではMagic Keyboardを愛用していましたが、マルチペアリング非対応なので、MacからiPadやiPhoneに切り替えたい場合は、毎回再ペアリングする必要がありました。

「MX KEYS MINI for Mac」なら3台までペアリングできるので、iPhone/iPad/Macの3台を登録して、どの端末からでも同じキーボードがスムーズに使えて非常に便利!

【デメリット1】サイズのわりにはちょっと重い

MX KEYS MINI for Mac

全体的に満足度の高いキーボードですが、唯一デメリットをあげるとしたら「ちょっと重い」ことです。

せっかくコンパクトで持ち運びしやすいサイズ感なのですが、重さがMagic Keyboardの2倍くらいあるので、比べると少し重く感じてしまいました。

ただMagic Keyboardと比べれば重く感じる程度で、持ち運びができないということはまったくない重さです。

まとめ

よかったこと
気になったこと
  • 打ち心地がとてもいい
  • USキーボードのMacとほぼ同じキー配列
  • iPhone/iPadでも記号の位置が変わらない
  • バックライト付きで暗い場所でも作業できる
  • 3台までペアリングできる
  • サイズのわりには少し重く感じる

実際に使ってみて、重さのこと以外は、全体的に高感触なキーボードでした!

タイピングが非常にしやすいですし、「マルチペアリング」「キーバックライト」といった便利機能も充実。

MacのUS配列キーボードとほぼ同じキー配列なので、Magic Keyboardを検討される場合は、こちらもぜひチェックしてみてください。

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次