【2020年】iPadの選び方完全ガイド

「MX Master 3 for Mac」が登場!MX Master 3との違いと注意点まとめ

logicoolの大人気ハイエンドマウス「MX Master 3」に、Mac向けに最適化されたモデル「MX Master 3 for Mac」が登場しました!

「MX Master 3 for Mac」は、従来の「MX Master 3」と何が違うのかをまとめてみたので紹介します。

ウサノ
ウサノ

いったい何が違うんだ…!?

「MX Master 3 for Mac」と「MX Master 3」の違い

まず赤ラインを引いた箇所が異なりますが、それ以外にも違うところもあるのでじっくり書いていきます。

ちなみに価格は同じです。

「MX Master 3 for Mac」はカラー以外の外観はまったく同じです。

①Macにフィットする特別カラー「スペースグレイ」

「グラファイト (MX2200sGR)」「ミッド グレー (MX2200sMG)」の2つのカラーでしたが、「MX Master 3 for Mac」ではAppleでお馴染みの「スペースグレイ (MX2200sSG)」のカラーとなっています。

ブラックとグレイのツートンカラーといった感じでとても新鮮ですね。

ウサノ
ウサノ

同色のMacBookやiPadと組み合わせれば、マッチすること間違いなし!

②Unifyingレシーバーが付属しない

「MX Master 3」ではUSBの「Unifyingレシーバー」か、Bluetoothの好きなほうの通信を使って使うことができましたが、「MX Master 3 for Mac」では「Unifyingレシーバー」が付属しません。

「Unifyingレシーバー」を別に用意すれば、Unifyingでの接続ができるのかどうかも不明です。これは分かり次第追記します。

③Bluetoothの接続安定性をMac向けにカスタマイズ

Mac向けのモデルということもあり、Bluetoothの接続安定性をMac向けにカスタマイズしているそうです。

僕は普通の「MX Master 3」をMacBook Pro、iPad Proで使っていますが、接続が不安定だったり、繋がらなかったりということはありませんが、Mac向けモデルなら更に完成度が上がってるのかもしれませんね。

④互換性の違い

  • 新たにiPadOSに対応
  • Windows、Linuxが削除

iPadOSでもマウスが正式に使えるようになりましたが、「MX Master 3 for Mac」も正式にiPadOSに対応と表記されました。

ただ、僕は「MX Master 3」をiPad Proで普通に使用できているので、Macモデルじゃないと使えないということは一切ありません。

そしてMac向けモデルだからなのか、Windows、Linuxが削除されています。

恐らく普通にBluetooth接続すれば普通に使えるとは思いますが、WindowsなどのMac以外のOSでも使用したい場合は「MX Master 3」を買われたほうが無難だと思います。

⑤付属のケーブルが「USB-C to USB-C」に

「MX Master 3」「MX Master 3 for Mac」は、内蔵バッテリーとUSB-Cポートを搭載していて、パソコンや充電ケーブルと接続することで充電できます。

そして付属のケーブルが「USB-C – USB-A」から「USB-C – USB-C」に変更になりました。

ウサノ
ウサノ

MacもUSB-Cポートのみになってきているので、両側USB-Cのほうが使い勝手いいですね!

まとめ

  1. 本体カラーがMacにぴったりな「スペースグレイ」に
  2. Unifyingレシーバーが付属しない
  3. Bluetoothの接続安定性をMac向けにカスタマイズ
  4. 互換性の違い
  5. 付属のケーブルが「USB-C to USB-C」に

ざっくり違いをまとめてみましたが、違いはこんな感じ!

ボタンや形状は変わらないものの、付属品の違いや通信の違いがありました。

Mac向けにBluetoothをカスタマイズされていたりするので、MacやiPadなどのApple製品だけで使用するなら「MX Master 3 for Mac」がおすすめで、Windowsなどの他のOSでも使いたい場合は「MX Master 3」をおすすめします。

Apple製品お得に購入