【2020年】iPadの選び方完全ガイド

【SEL30M35】フード内側に装着可能なレンズ保護フィルターはこれだ!

マクロレンズ SONY「SEL30M35」は少し変わったレンズフード

α6400を愛用していますが、物撮りで被写体にもっと寄って写真が撮りたくなって、マクロレンズのSONY「SEL30M35」を購入しました。

そしてこの「SEL30M35」にはレンズフードが付属してくるのですが、少し変わったフードなんです。

フードの中にレンズ保護フィルターを装着できる

そしてこのレンズフードは、他のレンズのフードと同様に、レンズフードの中にレンズフィルターを一緒に装着することもできます。

ちなみにフードの外側にレンズ保護フィルターを装着することもできます。

【注意】レンズが厚いものはフードがうまく取り付けられない

レンズ保護フィルターの枠が厚いものだと、レンズフードがうまく取り付けらなくなります。

ネットだとケンコーの「PRO1D」が取り付けられるという情報もあり、ちょうど別のレンズでこのフィルターを使っていたので、試しに取り付けてみましたが、レンズフードが回りきらず、おかしな向きになってしまいました…

ウサノ
ウサノ

恐らく改良されて分厚くなってしまったのかな?

「MARUMI レンズフィルター DHG」はフードの取り付けも問題なし!

MARUMI レンズフィルター DHG」は、大丈夫で、フィルターとフードの同時装着が問題なくできました!

ケンコーのフィルターよりも若干薄い気がしますね。

見事にフィルターの上からフードも取り付けられた!

フードの向きもちゃんと水平。

ケンコー「PRO1D」
MARUMI レンズフィルター DHG

実際にレンズフィルターの枠の厚みをデジタルノギス測ってみると、ケンコーのPRO1Dよりも0.3mmほど薄いのがわかりました。

ウサノ
ウサノ

この0.3mmの差でフードが取り付けられるか変わってくるのですね…

まとめ

  • レンズフィルターの枠が厚いものは、フードが取り付けられなくなる
  • 「MARUMI レンズフィルター DHG」は問題なくフードと一緒に取り付けられる

レンズフィルターによって、フードが取り付けられない場合もありますが、薄いレンズならフードとフィルターの併用することが可能です。

「MARUMI レンズフィルター DHG」は問題なくフードと併用できたので、同じようにフィルターも装着させたい方は、このフィルターをおすすめします。

Apple製品お得に購入