【2020】iPhoneの選び方完全ガイド

【Simplenote】ブラウザ版の調子が悪いときの対処方法【入力できない】

Simplenoteブラウザ版で文字が入力ができない、入力した文字が反映されない

スマートフォン、タブレット、パソコン、ウェブブラウザなど好きな端末でメモを書いて共有できるサービス「Simplenote」を使っています。

軽さとシンプルさが特徴のアプリで、凄く使いやすいんですよね!

しかし最近どうもウェブブラウザ版の調子が悪いんです。

バージョンが新しくなったからなのか、文字がうまく入力できなかったり、入力したはずの文章が次に開いたときに反映されていなかったり、反応が遅いという不具合です。

まったく普通に使えているという方も多いので、ブラウザとの相性が原因かもしれませんね…

URLの最後に「old」を付ければ解決!

この不具合が発生した場合は、SimplenoteのURLの最後に「old」をつけて、「https://app.simplenote.com/old」というURLにしてアクセスすることで解決できる可能性が高いです。

oldを付けると、前のバージョンのSimplenoteに戻すことができるので、新しいバージョンでの不具合が解決できます。

ウサノケンタ
UIは少し古くなりますが、僕はこれで普通に入力できるようになり、快適に使えるようになりました!

まとめ

  • ウェブブラウザ版はブラウザとの相性で不具合が出ることがある
  • URLの最後に「old」を付けると解決できる可能性が高い
  • 他のブラウザに変えてみるのもあり

恐らく今後のアップデートで解決できるようになると思いますが、それまではこの対策方法で改善されるのを待ちましょう。

またウェブブラウザの種類によって症状が出たり出なかったりするようなので、ウェブブラウザの変更や、Simplenoteだけを他のブラウザで利用するのもいいと思います。

ウサノケンタ
同じ症状でお悩みの方、ぜひお試しください
‎Simplenote
‎Simplenote
Developer: Automattic
Price: Free