【2020年】iPadの選び方完全ガイド

【レビュー】「Nimbus+ワイヤレスゲーミングコントローラー」L3R3とiPhoneマウント搭載の新モデル!

Apple製品向け人気コントローラーがパワーアップして登場!

SteelSeries Nimbus+

Apple製品のコントローラーとして人気な「SteelSeries Nimbusワイヤレスゲーミングコントローラー」ですが、新機能を搭載して「Nimbus+ワイヤレスゲーミングコントローラー」という新モデルとして登場しました!

ウサノ
ウサノ

Nimbusも持っているので、比較しながらレビューしたいと思います!


「Nimbus+ワイヤレスゲーミングコントローラー」の特徴と旧型モデル「Nimbus」からの変更点

SteelSeries Nimbus+
  • ゲーム機器メーカー「SteelSeries」のコントローラー
  • Apple Storeでも取り扱っているApple製品完全対応のコントローラー
  • Lightningポート搭載でiPhoneと同じ充電器で充電できる
  • ジョイスティックボタン押し込みでのL3/R3ボタンが追加(新機能)
  • スタート/オプションボタンが追加(新機能)
  • 「Nimbus+ iPhoneマウント」付属でコントローラーの上にiPhoneを乗せて遊べる(新機能)

ゲーム機器メーカー「SteelSeries」のコントローラーで、Apple公式でも取り扱っている安心のApple製品向けの製品です。

元々「Nimbusワイヤレスゲーミングコントローラー」という製品で販売されていましたが、新機能を搭載して「Nimbus+ワイヤレスゲーミングコントローラー」として新登場しました!

Apple製品向けの製品なので、iPhoneやiPad、MacだけでなくApple TVにもしっかりサポートしていて、さらにiPhoneと同じLightningケーブルで充電ができるのがポイント。

また「Nimbus+」では、ホームボタンの左右にスタート/オプションボタンと、ボタン押し込みによるL3R3ボタンが新たに追加されています。

L3R3ボタンにはまだ対応したアプリは少ないですが、PlayStation 4をスマートフォンやタブレットから遠隔で遊べる機能「PS4 リモートプレイ」などで重宝します。

そして「Nimbus+ iPhoneマウント」付属していて、利用するとiPhoneをコントローラーの上に取り付けることができ、携帯ゲーム機のように遊ぶことができます!

ウサノ
ウサノ

ボタンと、iPhoneマウントが追加されたんだね!

「Nimbus+ワイヤレスゲーミングコントローラー」レビュー

SteelSeries Nimbus+

Apple Online Storeで購入しました。

旧モデルのNimbusと比較しながらレビューしていきまーす!

SteelSeries Nimbus+

箱in箱

SteelSeries Nimbus+

きたー!

前モデルよりも梱包が豪華になっているように感じます。

セット内容

SteelSeries Nimbus+
  1. Nimbus+ワイヤレスゲーミングコントローラー
  2. iPhoneマウント
  3. クイックスタートガイド

コントローラー本体と、iPhoneをコントローラーに装着するiPhoneマウントが付属しています。

ウサノ
ウサノ

iPhoneマウントが付属するのはありがたい!

外観

SteelSeries Nimbus+
SteelSeries Nimbus+
SteelSeries Nimbus+

外観は一般的なコントローラーと同じです。

左スティックが下側にあり、DUALSHOCK 4に近いボタン配置となっています。

SteelSeries Nimbus+

手にフィットする形状のグリップになっています。

SteelSeries Nimbus+

L2R2はトリガー形状になっているので、FPSなどのゲームも遊びやすそうです。

SteelSeries Nimbus+

旧モデルのNimbusと比べると、多少のボタン変更はあるものの、形状はほとんど変化ありません。

SteelSeries Nimbus+
SteelSeries Nimbus+

重さもほとんど変わりません。

スタート/オプションボタンが追加・電源はホームボタン長押しに

SteelSeries Nimbus+

ありがたいのが、 スタート/オプションボタンが追加されていること!

「PS4 リモートプレイ」を遊ぶときは、SHARE/OPTIONボタンとしてそのまま使えるので、ゲームによっては結構ありがたいです。

そしてコントローラーの電源が、

AとBはXboxと同じ配置

SteelSeries Nimbus+

ABXYはXboxのコントローラーと同じ配置です。

任天堂のコントローラーなどと比べるとAとBが反対なので最初は戸惑うかもしれません。

十字ボタンは

SteelSeries Nimbus+

十字ボタンは前のNimbusよりも太くなっています。

SteelSeries Nimbus+

太いのはいいのですが、ボタンが全ての方向が同時に押せてしまうのだけがちょっと残念…

L3R3ボタンが使えるように

SteelSeries Nimbus+

スティックを押し込んだときのボタン「L3R3ボタン」も搭載されました。

対応したゲームはまだまだ少ないですが、こちらも「PS4 リモートプレイ」で使えるのと、ボタン配置のカスタマイズの可能なゲームアプリでは、こちらに使いたい機能を割り当てることができます。

ウサノ
ウサノ

L3R3はゲームによっては重宝するんですよね!

ペアリングとバッテリー残量確認ボタン

SteelSeries Nimbus+
SteelSeries Nimbus+

コントローラーの後ろのほうを見ると、充電端子の両脇にボタンがあります。

向かって右側がバッテリー残量確認ボタンとなり、押すと、コントローラーのLEDが点灯します。

4つとも光っていればバッテリー残量が多く残っていて、LEDの数が減っていくごとにバッテリー残量も少ないという表示になります。

左側はペアリングボタンとなり、iPhoneやiPadなどの機器とペアリングさせるときに使います。

Lightningポート搭載でiPhoneと同じ充電器で充電できる

SteelSeries Nimbus+

Lightningポートと、内蔵バッテリーが搭載されているので、iPhoneのLightningケーブルの充電器で充電できます。

わざわざ専用の充電ケーブルを用意しなくていいのですし、旅行など出張に行くときにもiPhoneの充電器だけを持っていけばいいのは楽でいいですよね!

バッテリー持続時間は、フル充電で最長50時間遊ぶことができます。

「Nimbus+ iPhoneマウント」付属で、iPhoneを乗せて遊べる

SteelSeries Nimbus+

最も気になっていた「Nimbus+ iPhoneマウント」です!

実は前モデルのNimbusでも、別売りでiPhoneマウントは販売されていたのですが、Nimbus+では標準で付属してきます。

また前モデルのiPhoneマウントよりも小型化されています。

SteelSeries Nimbus+

使い方ですが、iPhoneマウントの背面にレバーがあるので、これを下側にグーっとスライドさせます。

SteelSeries Nimbus+

すると、2本の棒が下からシュッと出てきます。

SteelSeries Nimbus+

この2本の棒を、コントローラーの後ろ側に穴があるので、挿し込みます。

SteelSeries Nimbus+

コントローラーにiPhoneマウントが装着できました。

ウサノ
ウサノ

カブトムシみたいだ(笑)

SteelSeries Nimbus+

前モデルのNimbusにマウントと比べると結構デザインも変わっています。

SteelSeries Nimbus+

続いてiPhoneを装着していきます。

上下にあるiPhoneを挟み込む部分を、手前に起こします。

SteelSeries Nimbus+
SteelSeries Nimbus+

あとは上側の部分を上に引っ張ると伸びるので、そこにiPhoneを横向きにして入れ、引っ張っていた部分を離します。

SteelSeries Nimbus+

これでコントローラーをiPhoneに装着できました!

SteelSeries Nimbus+

少し残念な点は、iPhoneが重く、重心が後ろに下がっているため、テーブルなどに置いたときに倒れてしまうこと。

SteelSeries Nimbus+

前モデルのiPhoneマウントや、Xboxコントローラーだと、転倒防止の部品があったのですが、こちらにはないので置くときは注意が必要です。

設定は簡単!Bluetoothで繋ぐだけ

SteelSeries Nimbus+

設定方法はBluetoothでペアリングするだけです。

Nimbus+のホームボタンを長押しして電源を入れ、次にペアリングボタンを長押します。

iPhoneの「設定」→「Bluetooth」→「Nimbus+」を選択するだけでペアリングできます。

PlayStation 4の「PS4 リモートプレイ」をやってみた

SteelSeries Nimbus+

iPhone用の「PS4 リモートプレイ」アプリをやってみました!

最近出たばかりの「FINAL FANTASY VII」!

の体験版ですが…(泣)

安定性もよく、しっかりとiPhoneを乗せられています。iPhoneがぽろっと落ちそうになることはまったくありません。

ただしiPhoneとコントローラーを合わせた重さなので、ゲーム中は結構重さがずっしりときます。

SteelSeries Nimbus+

ボタン配置もDUALSHOCK 4とほぼ同じなので、違和感なく操作できます!

またスティック押し込みのL3R3ボタンもしっかり認識してくれるので、ボタン不足で困ることもありませんでした。

ウサノ
ウサノ

L3R3ボタンがあるので、PS4リモートプレイとの相性は抜群!操作もしやすく安定のコントローラーでした!

まとめ

  • Apple製品との相性抜群
  • Lightningポート搭載でiPhoneの充電器で充電可能
  • DUALSHOCK 4とほぼ同じボタン配置で使いやすい
  • L3R3対応でPS4リモートプレイも問題なし
  • iPhoneマウントが標準付属
  • iPhoneを乗せたときのスタンドがなく、倒れる
  • 価格はちょっと高め

L3R3にも対応しているので「PS4 Remote Play」などのゲームでも困ることなく遊べますし、Apple Storeでも取り扱っている安心のコントローラーです。

またiPhoneを乗せて遊ぶことができるので、携帯ゲーム機みたいに遊べるのもポイント!

ただし価格は約1万円とちょっと高めなので、少し価格を抑えたい方は、個人的にXbox Oneのコントローラーもおすすめです。

L3R3ボタンも使えますし、スマホマウントも他社メーカーから販売されているので、ほとんと同じようなことができます。

Apple製品お得に購入